2021.09.01

 神奈川・K-1空手鴨居スクールにて、9月24日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.129」の[第6代Krushライト級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R]で川﨑真一朗と対戦する里見柚己が公開練習を行った。

 7月24日のトーナメント1回戦をTKO勝利で突破した里見。戦前から「一番かみ合うのは自分と川﨑選手」と予告した通り、両者被弾を辞さないパンチの応酬を展開した末、里見が左ストレートで川﨑を3度倒し、1回戦唯一のKO勝利をマークした。里見は川﨑との一回戦を振り返り「僕と川﨑選手の試合はKrushらしい試合になると思っていましたし、結果的にそういう試合ができてよかったです」と満足そうな笑顔を見せた。

 ワンデートーナメントの初戦=準決勝の相手は弘輝。弘輝は前戦より、ケンカ上等の真っ向からの打ち合いスタイルから方針転換し、足を活かしたテクニカルな戦い方にスタイルチェンジ。東本央貴の前進をいなし、ダメージを追わないまま判定勝利を飾っている。

 里見は弘輝のスタイルチェンジに対し「上手い選手だと思いますが、今回はどう来るか分からない」と分析。その上で「川﨑戦でもダウンを取ったところで、倒しに行かずに逃げてもよかった。逃げる選手だったら逃げていたと思います。でも自分は絶対に倒す試合を望んでいたので倒しに行って。今回もそれを貫けば倒せると思っています」とKO勝利を宣言し、その言葉を裏付けるように、公開練習では前戦のフィニッシュとなった鋭い左ストレートをミットに叩き込んだ。

 逆ブロックでは、南雲大輝と瓦田脩二が準決勝を争う。決勝で顔を合わせる相手の予想に、里見は「南雲選手は何か分からないですけど"持ってる"選手」と、南雲の勝ち上がりの可能性を残しつつも「順当にいけば瓦田選手が来るんじゃないかと思います」と、優勝候補として名が上がる瓦田の決勝進出を予想した。

 里見と瓦田は昨年7月の「Krush.115」で対戦し、里見は判定負けを喫している。決勝に瓦田が勝ち上がるなら、里見にとってはまたとないリベンジのチャンスとなるだろう。しかし当の里見は「一回負けているのでなんとも言えないですけど、この辺の選手と一緒にして欲しくはない」とあまりリベンジには興味を示さず。「トーナメント出場が決まった時からベルトを巻くところしか想像していませんし、巻かなければいけないと強く思っています」とKrush王座のみを見据えている。

 里見の脳裏に残るのは、歴代のKrush王者達の雄姿だ。「Krushは本当に華がある選手だったり、絶対逃げない気持ちが強い選手だったり、そういう選手たちがベルトを獲ってきた」と”Krush王者の条件”を強く意識する里見は「この4人を見たら王者に相応しいのは自分だと思っているので、トーナメントで優勝してベルトを巻きたい」と王座奪取への決意を新たにする。

 戴冠のあかつきには「リングの上で言いたいことがある」と匂わせコメントを残した里見。準決勝に勝ち上がった4選手のなかで、唯一の全試合KO戴冠の可能性を残す里見は「みんなどう戦ってくるかわからないですけど、しっかり2試合ともKOしてKrushのライト級チャンピオンになります」と高らかに宣言し、ファンへ新王座戴冠を約束した。

 

選手登録