2021.08.23

 大阪・堺市にて、9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で小澤海斗と対戦する國枝悠太が公開練習を行なった。

 國枝は関西を中心にキャリアを積み、今年1月からKrushに参戦。Krushデビュー戦こそ龍斗に不覚をとったものの、3月に林京平、6月に鷹大にKO勝利し、K-1初参戦のチャンスを掴んだ。

「昨年末にK-1 JAPAN GROUPと契約させてもらって、今年中にK-1に出ることを目標にしていたので、9月の横浜アリーナ大会でそれが実現してうれしかったです。もともとは12月のK-1大阪大会を目指していたんですけど、9月に勝って、12月も狙っていきたいと思います」とK-1初参戦の心境を語った國枝。

 Krushでの3戦を振り返り「1月の龍斗戦はめちゃ緊張して勝てなかったんですけど、あの試合で色んなことを教えてもらいましたね。今までの自分は試合を楽しんでいる時は勝てていて、あの負けでそれを思い出させてくれました。龍斗戦以降は試合を楽しむことを意識して戦って、それが2連続KOにつながっています」と“楽しむ”ことが結果につながっていると自己分析する。

 林戦・鷹大戦はともにパンチでのKO勝利。公開練習でも強烈なパンチと鋭い蹴りを次々と繰り出し、「周りのみんなからは『パンチが強い』『蹴りが強い』と言われるので、そこには自信を持って練習しています。パンチが得意・蹴りが得意というより、楽しみながら人を殴ったり蹴ったりするのが得意です」とニヤリ。「今回はめっちゃ楽しめる舞台を用意してもらえたので、思う存分、殴って蹴ります」と不敵に語った。

 K-1デビュー戦、しかも横浜アリーナのリングで國枝が拳を交えるのは、長らくK-1フェザー級の中心選手として活躍する小澤海斗だ。かつて國枝にとって小澤は憧れの存在で「会見も面白いし、誰が相手でも自分のファイトスタイルで戦うし、コスチュームもかっこいいし、小澤選手の試合前にSNSで『頑張ってください』とメッセージを送ったこともある」というほどだ。

 しかしそれも過去の話。「小澤選手の時代は武尊選手と2回やったところで終わっていると思います。それ以降の試合って誰とやったかもあんまり憶えてないし、ぶっちゃけ最近の試合は見てないです。僕(篠塚)辰樹くんと交流がいいんで、3月に辰樹くんとやった試合を見たくらい」と切り捨てる。

 さらに「SNSでメッセージを送った時は無視されて、当時の自分は無視される存在やったと思います。でも今はもう無視できない存在になったと思うし、リングの上で思いっきりしばいて、今はどっちが上かを分からせたろうと思います。今2連勝しているからとか関係なく、勢いでは絶対に負けてないと思うし、確か小澤選手って10カウント聞いてのKO負けってないと思うんですよ。武尊選手もダウンは取ったけど判定やったし。だから俺がスコーン!と倒してマットに沈めます」と完全KO宣言も飛び出した。

 宣言通りに小澤をKOすれば、K-1・Krushで3連続KO勝利となる國枝。今後のK-1 JAPAN GROUPでのチャンスにもつながってくる。國枝は「もちろんK-1チャンピオンとも戦いたいですけど、自分はKrushで結果を出してここまで来たので、またKrushでも戦いたい。Krushの王座決定トーナメントに出た選手たちとやりたい」とK-1だけでなく、Krushでの戦いにも意欲を見せた。

 最後に國枝は「横浜アリーナみたいな場所で試合ができるとは想像していなかったので本当に楽しみです。これから『國枝が出るなら見に行こう』という試合をしていきたいし、見ている方も楽しめるくらい、自分も楽しみます。今回の試合を見て、僕のことを覚えて帰ってください」とファンにメッセージ。その拳で小澤を粉砕し、一気にK-1・Krushのトップ戦線まで駆け上がるか?

 

選手登録