2021.08.10

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R]で寧仁太・アリと対戦する小嶋瑠久のインタビューを公開!

──第2代ウェルター級王座決定トーナメントへの参戦が決まりました。最近はスーパー・ライト級での試合が多かった瑠久選手ですが、オファーを受けた時の心境を聞かせてください。

「デビュー2戦目~6戦目まではウェルター級でやっていたので、階級に関しては大丈夫ですね。ウェルター級の身体の当たりも分かっていますし、全然問題ないかなと思ってます。自分はウェルター級では身長が低い方ですけど、ずっと自分より大きいヤツとやってきたので、逆にやりやすいかなと思ってます」

──今回のトーナメントはキャリア的にも上になる相手が並んでますよね。

「そうですね。最初にトーナメントの話が来た時は『ウェルター級?』と思ったんですけど、メンツを見て全然いけると思いました。自分は近藤魁成と中野滉太にやられていて、自分的にはその2人が強いかなと思っていたんですけど、トーナメントには出ていないし、加藤虎於奈には勝ってるんで」

──トーナメントは野杁正明選手と安保瑠輝也選手が優勝候補と見られていますが、それについてはどうでしょう?

「野杁選手ぐらいですね、本物だと思うのは。安保選手には全然負ける気はしないです」

──1回戦はプロ無敗の寧仁太・アリ選手と対戦しますが、寧仁太選手についてはどんな印象を持っていますか?

「強いと思いますよ。実力があるし、身体能力も高そうだし。ただ、自分みたいなのが一番苦手なタイプなんじゃないですかね」

――相性はいい、と。

「ですね。身長が高い選手って、自分みたいなタイプが苦手で、逆に自分はけっこう身長が高い選手を倒してきた。そこには自信がありますね。飛びヒザ蹴りとか威力はありそうですけど、威力はあると思いますけど、そこさえしっかり対処しておけば、全然倒せると思います」

──今回は1日3試合の過酷なワンデートーナメントです。そこに向けての準備はいかがですか?

「3試合やると考えると大変そうですけど、本当に1回戦が大事だと思ってるんで。矢口(哲雄・PURGE TOKYO代表)先生からもそう言われたし、いろんなトーナメントを見てきましたけど、やっぱり1回戦をしっかり勝てば乗ってくるじゃないですか。その日の調子とか乗ってきた感じで決まってくると思うので、しっかり1回戦に集中して勝てば、ですね、あとは(準決勝で当たる可能性がある)野杁選手ですね。決勝のことは一番考えてないです。決勝はやってきたことの集大成、気持ちと気合いの勝負だと思ってるんで。大事なのは1回戦、準決勝ですね。とにかく今は1回戦に集中して、あんまりトーナメントとは考えないようにしてます」

──PURGE TOKYOに移籍して、成長・変化の手応えについてはどうですか?

「すごく手応えがあります。特に今回の試合を見てもらえれば、よく分かると思います。前回の試合は基礎的な部分、基本的な部分を直された段階で出た感じだったので、前回見せられたものは構えぐらいだったんです。その構えもさらに変わっているし、今やっと練習が応用的な部分に入ってきて、移籍して1年ですけど、すごくレベルアップしているので、自分自身ですごく楽しみです。みんなに今の実力を見せたいですし、今の自分の実力は未知だと思います。だから前の試合を見ても意味ないですよ」

──PURGE TOKYOでやってきたことの答え合わせをするトーナメントですね。

「そうですね。今の自分だったら全然通用すると思います。だからホントに楽しみですね。ぶっちゃけ気楽じゃないですか。もともと自分はスーパー・ライト級だったわけだし。みんな俺とは一番やりたくないと思いますよ。俺は失うものはないし、行くだけだから。試合前にこんなにニヤニヤ感があるのは久々っすね」

──本当に試合を楽しみにしているようですね。

「記者会見で他のメンツを見てもワクワクしました。正直、会見でちょっと怖くなるのかなと思ってたんですよ。でも全然そんなことなくて、真逆でしたね。もっとモチベーションを上げて当日までやっていけば、もっと自信がつくと思うので、しっかり練習して自信つけて臨みたいと思います」

──会見では「ウェルター級のベルトはもともとPURGE TOKYOの久保優太さんが持ってたベルト。で、地元の横浜開催なんで、ここで自分がベルトを取る、PURGE TOKYO 3人目の世界王者になる運命的なチャンスをもらったと思っています」という言葉もありました。

「ジムに優太さんが獲ったK-1ウェルター級のベルトのレプリカが飾ってあるんですよ。だからいつも練習前にそれを眺めて『絶対獲ってやる!』と思ってやってます。で、ベルトにはまだ触ったことがないんです。ベルトを触るのは自分が獲るときだって決めてるんで。しかも会場の横浜アリーナはマジの地元なんですよ。自分が格闘技と出会った空手の道場が横浜アリーナの斜めに前にあって、毎日そこで練習していたし、ガキの頃もずーっと横浜アリーナの近くで遊んでたんで。そういう場所で自分がずっと憧れていたK-1のベルトを巻くというのは運命的なチャンスだと思っています。だから絶対にものにしたいっすね」

──なるほど。それは燃えますね。

「たぶん僕に期待してる人なんかいないと思うんですよ。でも小嶋瑠久の強さを見とけよと。ビックリさせますよ、ホントに。それだけです」

 

選手登録