2021.07.31

 7月31日(土)都内にて、9月20日(月・祝)に神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の第一弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 今大会で第2代K-1ウェルター級王座決定トーナメントの開催が決まった。これまでK-1では日本人選手・外国人選手を交えた8人参加のワンデートーナメントで王座決定トーナメントを行ってきたが、今回は日本在住の8選手で王座決定トーナメントでの実施が決定。会見に出席した中村拓己K-1プロデューサーがトーナメント開催の経緯を以下のように説明した。

「今回も外国人を招聘してウェルター級王座決定トーナメントを開催すべく、スポーツ庁はじめ関係各所と調整を続けていましたが、しかし、新型コロナウイルスの感染拡大・緊急事態宣言の発令もあり、最終的に外国人を招聘できないと判断しました。

 そのなかでトーナメント出場に向けて準備していた選手たちもいるし、ファンのみなさんに楽しんでもらえる戦いも見せていかなければならない。いつコロナウィルスの問題が終息するのか。そして外国人選手を招聘できるのか。分からない状態です。K-1はここで立ち止まっていられないし、ここは一歩踏み出す勇気を持って日本在住の8選手で王座決定トーナメントを行うことを決めました」

 トーナメントには第2代K-1スーパー・ライト級王者の野杁正明、第4代同級王者の安保瑠輝也をはじめ、第9代Krushウェルター級王者の松岡力、第8代Krushウェルター級王者の加藤虎於奈、K-1アマチュア全日本王者の小嶋瑠久、寧仁太・アリらが参戦。以下の組み合わせが発表された。

一回戦(1):小嶋瑠久vs寧仁太・アリ
一回戦(2):野杁正明vs加藤虎於奈
一回戦(3):安保瑠輝也vsアラン・ソアレス
一回戦(4):松岡力vsマキ・ドゥワンソンポン

準決勝(1):一回戦(1)勝者vs一回戦(2)勝者
準決勝(2):一回戦(3)勝者vs一回戦(4)勝者

決勝:準決勝(1)勝者vs準決勝(2)勝者

 トーナメントの注目は元K-1王者でもある野杁正明と安保瑠輝也。ウェルター級に階級をあげてからはジョーダン・ピケオーに敗れた以外は無敗を誇り、2階級制覇のチャンスを熱望していた野杁は「僕がチャンピオンになる機会がやっと来た。このトーナメントは僕のためのトーナメント」と堂々の宣言。「決勝は隣にいる瑠輝也だと思っています。第2代と第4代のスーパー・ライトのチャンピオンが決勝でやればおもしろい試合になる」とファンも望む瑠輝也との決勝戦実現に触れつつ「このトーナメントに出ている選手と自分はレベルが違う。もし決勝で瑠輝也と当たることになったら心を折ってやる」と非情に言い切った。

 一方の瑠輝也は「昨日まで宮古島にバカンスに行っていたんで、Zoomで会見参加しようかなと思ったんですけど、この連中を見れば分かる通り、華がなさすぎる。葬式みたいな会見になると思ったんで帰ってきました」と、のっけから瑠輝也節を全開。

 野杁についても「ウェルター級に階級を上げた時からやると思っていたし(野杁に)勝てると思わなかったら階級を上げない」と打倒・野杁に自信をのぞかせ「野杁くんは『俺のためのトーナメント』って言ってますけど、そもそも俺が階級を上げた途端にこうやってトーナメントが決まったわけで、話題性が一番あるのが俺やし、実力が一番あるのも俺。野杁くんをしっかり決勝で倒したいと思ってるので期待してください」とトーナメントの主役になることを宣言した。

 記者との質疑応答でも野杁と安保に質問が集まり、やはりトーナメントの軸は野杁正明・安保瑠輝也、この2人の男たちになりそうだ。

 なお近藤魁成は拳の負傷により、トーナメント出場は見合わせることに。また、中村プロデューサーは「今後、外国人選手が呼べるようになれば、チャンピオンの防衛戦の相手として考えますし、チャンピオン以外の選手も外国人選手と絡んでいくべき階級だと思う。強豪外国人選手とここにいるメンバーのスーパーファイトや、ベルトを懸けた争いは考えていきたい」と展望を語っている。

※トーナメント出場選手のコメントはこちら
https://www.k-1.co.jp/k-1wgp/news/34794/

 

選手登録