2021.07.18

 7月18日(日)、「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第3試合では、共に3月の「K'FESTA.4」でプロ初黒星を喫した山田真子とNOZOMIが対戦。1Rこそ互いに距離が遠かったものの、2Rに入ると山田が接近戦でフックをヒット。3RにもNOZOMIの踏み込みにパンチを合わせ、判定3-0で勝利を飾った。

 山田は今回の勝利について「地元で不甲斐ない試合をしてしまった。内容はアレなんですけど、とりあえず勝てたんでホッとしてます」と反省を見せつつ、安堵の表情。自身が敗北を喫したMIOが、8月のKrushで菅原美優とKrush女子アトム級タイトルマッチに臨むことについて質問が飛ぶと、「昨日の試合の内容じゃ、何も言えないと思うんですけど、リベンジはしたいと思ってます。いつかやりたいですね」とMIOへのリベンジを掲げた。再起戦に勝利を収めた山田。今後のリベンジロードに注目が集まる。

山田真子
「(試合の感想は?)地元の試合ですごい不甲斐ない試合をしてしまったと思って、反省点しかない試合になっちゃったんですけど、練習に付き合ってもらってたJOKERジムの大沢文也選手とか、ほかにもたくさんの人たちが試合中とか声かけてくれたりして、すごく声援が聞こえてがんばれました。試合中に、ECO信頼サービス株式会社の樋口会長の『魂が強いほうが勝つけんね!』っていう博多弁バリバリの声が聞こえてきて(笑)。その声援で背中を押されたので、ありがとうございましたって言いたいです。

(黒星からの再起戦で、再起を飾ったいまの心境は?)とりあえず勝ててよかったって思います。ここで勝つのと負けるのじゃ、全然変わってくると思うので。内容はアレなんですけど、とりあえず勝てたんでホッとしてます。(K-1で戦っていく上で、今後の課題は?)もっと自分自身がスキルアップできるように、課題を言ったらキリがないくらいいっぱいあるんですけど。一試合一試合しっかり勝っていけるようにがんばりたいです。

(KrushでMIO選手と菅原美優選手のタイトルマッチがあるが、意識はしている?)菅原選手とは一回も試合したことないし、昨日の試合の内容じゃ、何も言えないと思うんですけど……(MIOに)リベンジはしたいと思ってます。いつかやりたいですね。(ファンのみなさんにメッセージを)昨日はたくさんの応援、ありがとうございました。これから決まった試合、一試合一試合こなしていって、自分の階級で一番取れるようにがんばりますんでよろしくお願いします」

 

選手登録