2021.07.18

 7月18日(日)、昨日開催された「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第2試合で髙橋直輝とK-1フェザー級スーパーファイトで対戦した寺田匠。試合前はKO宣言もしていたが、倒し切ることができずに接戦の展開の末、3Rまで戦い抜き判定勝利を飾った。K-1スーパーファイト初登場を初勝利で飾り、またデビューから3連勝と無敗記録を更新した寺田だが、思うようなファイトができなかったこともあり「試合前からKO宣言してんたですけど、ああいうドロドロな試合になってしまってすいませんでした」と、記者会見は謝罪から始まった。

「KOして、ちょっとマイクで言いたかったんですけど、昨日みたいな勝ち方じゃ」と、次に戦いたい意中の相手もいたようだが、それも封印。「次はまた決められた相手と戦って、インパクトのあるKOをして、タイトルマッチが少しでも早くできるように次もまた勝ちます」と出直しを誓った。

寺田匠
「試合前からKO宣言してんたですけど、ああいうドロドロな試合になってしまってすいませんでした。次また倒せるように頑張ります。(無敗記録は更新したが、今後の試合はどんな相手と戦いたいか? 今後のキャリアを含めてどう考えている?)KOして、ちょっとマイクで言いたかったんですけど、昨日みたいな勝ち方じゃ、次はまた決められた相手と戦って、インパクトのあるKOをして、タイトルマッチが少しでも早くできるように次もまた勝ちます。

(倒し切るための課題や取り組んでいきたいことは?)昨日はちょっとパワーだけに頼っちゃってたんで、自分の技術のなさにも少し気づいたんで、技術を上げていこうかなと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は期待に応えられるような試合じゃなかったんですけど、また次の試合、期待してもらえたらなと思います。昨日はありがとうございました」

 

選手登録