2021.07.09

 7月9日(金)都内にて、8月21日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.128」の記者会見が行われ、第2弾対戦カードが発表された。

 現在、Krushスーパー・バンタム級王座は玖村将史が保持していたが、中村拓己K-1プロデューサーが「玖村選手が所属するK-1ジム五反田チームキングスより王座返上の申し出があり、Krush実行委員会で協議した結果、玖村選手は王座返上となりました」と発表。空位となった王座を争う8選手参加の第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントが開催されることが決まった。

 トーナメントは8月21日「Krush.128」で一回戦4試合が行なわれ、勝ち上がった4選手が10月31日のKrush後楽園ホール大会で準決勝・決勝戦をワンデートーナメントで行ない、チャンピオンを決める。一回戦の組み合わせも鬼山桃太朗vs愛瑠斗、小倉尚也vs内田晶、小巻海斗vs黒田勇斗、吉岡ビギンvs璃明武に決定した。

 記者会見にはトーナメントに参戦する8選手全員が出席し、意気込みを述べた。鬼山は昨年Krushに初参戦。2連続KOで名前を上げ、今年3月「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会ではKO負けしたものの、金子晃大と熱戦を展開して評価を上げてのエントリーだ。他の選手よりも自信があるという「アドレナリン」全開で「3試合倒してチャンピオンになります」とトーナメント制覇を目指す。

 対する愛瑠斗は昨年の10月にプロデビューしたばかり。3戦3勝で2連続KO勝ちも収めているが、Krush本戦も今回が初登場。抜擢を受けてのトーナメント参加だが、鬼の名前が入ったトレーナーに鬼のような厳しさで育てられたとのことで、「昔話では鬼が“桃太郎”にやられるんですけど、今回の試合は鬼が“桃太朗”を倒すので応援よろしくお願いします」と、おとぎ話の逆パターンで一回戦突破を意気込んでいた。

 Krushで武尊の試合を見て格闘技を始めたという小倉は「Krushを見て格闘技を始めたのは唯一僕だけ。Krushのベルトへの想いは人一倍強いと思います」と、今回のトーナメントに懸ける想いを告白。「去年の10月24日に母親が亡くなった日なんで、その1週間後の31日は僕が獲る運命だと思っています。3試合、KOで勝ちたいと思います」と、亡き母にベルトを捧げることを誓っていた。

 一方の内田は仙台を拠点に活動するファイター。前回参戦した5月の「Krush.125」で三井大揮にKO勝利を飾ってのトーナメント参戦だ。「ベルトが欲しくてこのリングで戦うことを決めたんで、絶対獲りたいと思います」と内田。「宮城にKrushのベルトを持って帰りたいと思います」と愛する故郷に錦を飾ることを宣言した。

 小巻は今年からKrushに参戦。5月の「Krush.125」では小倉と激戦を展開し、敗北を喫したものの高い評価を得た選手だ。「いつも記者会見で地道に頑張りますって言ってたんですけど、まさか3戦目でトーナメントに出られるなんて思ってなかったので、とりあえず今まで以上に頑張ってベルトを狙いに行きます」と、予想外に舞い込んできたビッグチャンスに燃えている。

 この小巻と対戦する黒田はここ2戦、小倉、晃貴と連敗中だが、中村プロデューサーからは「何かチャンスやきっかけがあれば強さを出せるファイター」と期待を受けての参戦だ。また、弟の斗真が5月にK-1バンタム級日本最強決定トーナメントで優勝したばかり。「弟もトーナメントで優勝して負けてられないので、絶対に先に獲るという想いもあります」と、ベルト奪取に強い意欲を示す。

 昨年行なわれた王座決定トーナメントを制してKrushバンタム級王者となった吉岡は、計量の失敗もあり今年3月の「Krush.123」で壬生狼一輝に敗れ、王座から陥落。トーナメントの時から減量の苦しさを感じていたようで、今回からスーパー・バンタム級に階級を上げることになった。「名前の通りビギンっていうのは初心を忘れずにという意味があるので、一旦バンタム級で獲ったことはリセットして、ゼロからスタートして、スーパー・バンタム級のベルトを死物狂いで獲りに行きたいと思います」と心機一転、階級変更で再び王者を目指す。

 対する璃明武は2018年にデビューしてから6戦無敗の記録を作っていたが、昨年12.13K-1両国大会で佐々木洵樹に敗北して無敗記録もストップ。しかし今年2月の「Krush.122」で蒼士を破って、再スタートを切った中でのトーナメントエントリーだ。「もっと上に行かないといけないと思っているので今回のトーナメントは優勝したいと思います」と、さらに先にある目標のためにも王座奪取を目論んでいる。

鬼山桃太朗
「桃から生まれた鬼山桃太朗です。僕が絶対ベルトを獲ります。それだけです。(一回戦の相手の印象は?)巧くてセンスのある選手かなと思います。(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)自分の穴をなくして、相手の穴を突いていく準備をしていこうと思います。(準決勝と決勝でやりたい相手は?)準決勝は小倉選手とやりたいなと思います。決勝は璃明武選手かビギン選手とやりたいですね。(Krushのベルトに対する想いは?)僕はジュニアの時からずっとKrushを見てきて、今のこのファイトスタイルができたと思っているので獲ります。(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)僕はアドレナリンですかね。(愛瑠斗選手の話を聞いてどう思う?)最初からなんか煽ってきたなと思ったんですけど、まあ頑張ります、練習。(ファンの皆さんへのメッセージは?)僕も3試合倒してチャンピオンになります」

愛瑠斗
「鬼に育てられた健成會の愛瑠斗です。4戦目でこんなチャンスをいただいて凄く嬉しいので、しっかり桃太朗退治をして頑張ります。(一回戦の相手の印象は?)自分より体が全然デカくて、パンチのパワーやプレッシャーが強い相手だと思っているんですけど、仲間の猿、犬、キジがいないので大丈夫かなと思っています。(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)いっぱい飯食って体作りして、一回戦でちゃんと桃退治をしたいと思います。(準決勝と決勝でやりたい相手は?)決勝はビギン選手か璃明武くんとやりたいです。

(Krushのベルトに対する想いは?)他の誰よりも自分がベルトが似合っていると思うし、デビューして1年ちょっとで巻いているとカッコいいと思うので、ベルトを必ず巻きます。(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)パワーとかでは負けてると思うんですけど、技のレパートリーや種類では勝っていると思います。

(鬼に育てられたと、鬼山選手の桃太郎設定に乗っていたが?)設定に乗ったわけじゃなくて、自分のトレーナーの名前に鬼が入っていて、鬼のように厳しいので、本当に鬼に育てられたということです。ちなみに自分のTシャツにも鬼が入っています。そんな自分が桃太朗選手と戦うとなって、運命かなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昔話では鬼が“桃太郎”にやられるんですけど、今回の試合は鬼が“桃太朗”を倒すので応援よろしくお願いします」

小倉尚也
「自分はKrushで武尊選手の試合を見て、格闘技を一から始めたので、このベルトへの想いや覚悟は他の選手と違うと思うので、その覚悟を見てほしいですね。(一回戦の相手の印象は?)スピードが非常にあり技術もある今風の選手ですが、そういう選手を倒す練習はずっとしてきているので大丈夫だと思います。(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)8月はとりあえず1日1試合なのでいつも通りの準備してやっていって、10月は1日2試合やるつもりで。トーナメントになるとやっぱり倒せる選手が有利だと思うので、一回戦を倒して、決勝まで倒したりっていう試合も見てきたので、やっぱり倒すことはずっと言っているので意識したいですね。実現したいです。

(準決勝と決勝でやりたい相手は?)準決勝は鬼山選手とやりたいですね。タイプも一緒なのでまた熱い試合ができると思います。決勝は小巻選手ともう一回やったらもちろん盛り上がると思いますし、自分自身前回の試合は楽しかったのでもう一回やってもまた面白い試合ができると思います。けど、璃明武選手ともやりたいですね。非常にいい選手で勝ち続けているので、璃明武選手とやって勝ったらKrushのチャンピオンと胸を張って名乗れると思うので、しっかり準備したいと思います。

(Krushのベルトに対する想いは?)Krushを見て格闘技を始めたのは唯一僕だけだと思います。やっぱりKrushのベルトへの想いは人一倍強いと思いますし、ここまで苦労してきたので、K-1 JAPAN GROUPに出られない時期もあったり、そういう時期はモチベーションを保つのが非常に大変だったんですけど、今チャンスが来たので必ず獲ります。(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)気持ちはもちろん負けてないと思いますし、非常にレベルが高い8人が揃ったと思うので、このトーナメントを獲ったら、全部で一番と胸を張って言えるぐらいだと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)まずは一回戦に集中して、去年の10月24日に母親が亡くなって、その1週間後の31日は僕が獲る運命だと思っています。3試合、KOで勝ちたいと思います」

内田晶
「ベルトが欲しくてこのリングで戦うことを決めたんで、絶対獲りたいと思います。(一回戦の相手の印象は?)まだ試合はちゃんと見てないんで技術云々はわからないんですけど、気持ちが強い選手だなというのが印象的で、熱い試合ができると思います。(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)まず8月勝てるように頑張ります。(準決勝と決勝でやりたい相手は?)準決勝はまだ相手のことよくわかんないんであれなんですけど、決勝は璃明武選手に後ろ回し蹴りで豪快に負けていて、その映像が毎回流れて嫌なんで、それをみんなが忘れるぐらいの試合をしたいと思います。

(Krushのベルトに対する想いは?)正直口で言う想いなんてどうでもよくて、試合で誰の想いが一番強いか見せたいです。(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)自分も気持ちだけは負けたくないんで頑張ります。(ファンの皆さんへのメッセージは?)まず8月しっかり勝って、10月もしっかり勝ってベルトを獲って、宮城にKrushのベルトを持って帰りたいと思います」

小巻海斗
「トーナメントの初戦、しっかりKOしてまずインパクトを残せるように頑張ります。(一回戦の相手の印象は?)身長も高くて手足も長いので、まだ対策は考えてないんですけど、日本拳法をやっていた時は無差別だったので、身長高い相手はそれなりに慣れているので大丈夫だと思います。(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)まだトーナメントという意識はしないように、まずは8月の試合に勝つことだけを頭に入れて頑張っています。

(準決勝と決勝でやりたい相手は?)僕は準決勝・決勝と両サイドにいるんですけど、ビギン選手と過去にK-1 JAPAN GROUP以外の試合でドローだったので決着をつけたいのと、決勝で小倉選手にもう一回リベンジしたいのがあります。(Krushのベルトに対する想いは?)いつも記者会見で地道に頑張りますって言ってたんですけど、まさか3戦目でトーナメントに出られるなんて思ってなかったので、とりあえず今まで以上に頑張ってベルトを狙いに行きます。

(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)この8人の中から一番と言われると言いにくいんですけど、頑張ってパンチ力を鍛えて、KOできるように頑張ります。(ファンの皆さんへのメッセージは?)とりあえず8月の試合だけに集中して、次の試合もしっかり盛り上げて、次こそはKOで勝てるように頑張ります」

黒田勇斗
「僕はずっとKrushのベルトを獲るのが目標で、このベルトへの想いはこのトーナメントに出る誰よりも強いと思っています。応援してくれる人やいつも支えてくれる人のためにも絶対このトーナメントでベルトを獲ろうと思っています。(一回戦の相手の印象は?)前回の試合で、僕の一試合前に試合してたんですけど、ちょっとだけ見れたんですけど、パンチのパワーが凄いあって、巧い印象があります。けど、自分の練習での動きが出せれば全然問題ないと思います。(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)僕の一回戦を落としたら意味がないと思っているので、強くなるための練習をしていきたいと思っています。

(準決勝と決勝でやりたい相手は?)準決勝はどっちも強いんでどっちが来てもいいなと思っているんですけど、決勝は1回負けているんで小倉選手とやりたいなと思っています。(Krushのベルトに対する想いは?)目標にしてきたベルトでもありますし、弟もトーナメントで優勝して負けてられないので、絶対に先に獲るという想いもあります。あとはやっぱりお世話になっている方にベルトを獲って、しっかり恩返ししたいと思っています。

(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)何があっても気持ちでは絶対に負けないです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)ほとんどの人が僕がチャンピオンになると思ってないと思うんですけど、僕を信じて応援してくれてる人のためにも必ず勝って次に進みたいと思うので、皆さん応援よろしくお願いします」

吉岡ビギン
「まずは前回Krushバンタム級の防衛戦で計量オーバーしたにも関わらずこうしてチャンスをいただいて本当に感謝しています。ありがとうございます。(一回戦の相手の印象は?)璃明武選手は手足も凄く長いし、後ろ回し蹴りが得意で武器で、自分がK-1 JAPAN GROUPでデビューした時に蒼士選手と対戦した時に自分は延長だったんですけど、璃明武選手はダウンを奪って勝利しているので、本当に一回戦から強い選手なんですけど、ここを乗り切れば決勝まで行けると思っているので頑張りますので、応援よろしくお願いします。

(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)自分も一回戦を落としてしまったら意味がないので、しっかり一回戦の璃明武選手を攻略できるように頑張りたいと思います。(準決勝と決勝でやりたい相手は?)準決勝はちっちゃい頃に対戦した黒田勇斗選手とやりたいです。その時はドローだったので今度こそ決着をつけたいですし、決勝は是非鬼山桃太朗選手とやりたいです。K’FESTAの時に金子選手にあれだけのパワーと技術で負けはしたんですけど、自分も凄く感動したというか、凄い衝撃をもらったので、そんな最強の選手と決勝でやりたいなと思っています。

(Krushのベルトに対する想いは?)自分は一個階級下のバンタム級でベルトを獲ったんですけど、それとは比じゃないぐらいスーパー・バンタム級は層が厚い階級なので、そこでベルトを獲ったら本当にもっと胸張れるチャンピオンだと思いますし、自分の名前の通りビギンっていうのは初心を忘れずにという意味があるので、一旦バンタム級で獲ったことはリセットして、ゼロからスタートして、スーパー・バンタム級のベルトを死物狂いで獲りに行きたいと思います。(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)自分は一番身長がちっちゃいんですけど、その中でもスピードとパワー、全てで勝っていると思いますし、このメンバー全員本当に強い選手ばっかりなので、これから1カ月ちょっとでさらにスピードとパワーのレベルを上げて一回戦に挑みたいと思っております。

(前回の試合からこの期間、どんなことを考えて、どんな練習をしてきた?)試合が終わってから凄く応援してくださった方もそうですし、多大なる迷惑をかけたので申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、その期間でも凄い練習はしてましたし、階級をアップするので、今バンタム級でなかなか倒せなかった技術とかもスーパー・バンタムに変えたからには倒せるようにしないと、何も変わってないと思われても嫌ですし、スーパー・バンタムは強い選手がいっぱいなので、バンタム級のようにはいかないので、本当に凄い練習はしていましたね。

(減量がキツいと思い始めたのはいつ頃?)トーナメントの時ぐらいですかね? その時も再計量でクリアしてたんで、53kgという体重は凄く限界が来てましたね。(バンタム級のタイトルをK-1で作りたいと言っていたが、バンタムには並々ならぬ執着やこだわりはあった?)ありましたし、最軽量でK-1にはない階級でしたし、K-1にも作りたかったんですけど、それに体重が伴っていなかったので、口先だけでは言えないって本当に感じました。(ファンの皆さんへのメッセージは?)前回は本当に申し訳ございませんでした。心機一転、スーパー・バンタムに上げて、こうして大きいチャンスをいただいたのでものにして、一回戦で落ちたら話にならないので、とりあえず8月21日、一回戦にしっかり集中して頑張りますので応援よろしくお願いします」

璃明武
「Krushのベルトはずっとプロデビューした時から目標にしていたので、やっと獲る時が来たかなと思ったんで、しっかりここで獲りたいと思います。(一回戦の相手の印象は?)一階級下のバンタム級でベルトも獲ってて、負けもK-1 JAPAN GROUPではこの間の試合ぐらいだと思うんですけど、一回戦から来たかっていう感じなんですけど、逆に一回戦で強敵に勝てば乗れると思うんで、自分は凄い楽しみにしています。

(トーナメントに向けてどんな準備をしたい?)トーナメントに向けてっていうよりは、強くなれば自然とチャンピオンになれると思うので、しっかり自分のレベルを上げて、まずは一回戦に集中しているのでしっかり吉岡選手に勝つことを考えています。(準決勝と決勝でやりたい相手は?)正直、準決勝は実力が一緒ぐらいだと思うので、どっちが来るか予想できないんですけど、決勝は鬼山選手か小倉選手が来ると思うので、二人とも強いのでKrushの王座決定戦に相応しい試合ができるかなと思っています。

(Krushのベルトに対する想いは?)ここ1年ぐらいはKrushのベルトをずっと目標にしていたので、想いっていうよりは早く獲りたかったんで、やっと来たかって感じなので、しっかりここで獲って、もっと上に行かないといけないと思っているので今回のトーナメントは優勝したいと思います。(これだけは自分が他の7人に負けないと自信があるものは?)これだけはっていうか、総合的に自分が一番強いかなと思うんですけど、結構みんな強いと思うんで、実力は拮抗していると思うので、あと1カ月ちょっとと時間はあるので、その期間でしっかり自分のレベルを上げていきたいなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)8月21日と10月31日と3試合やるんですけど、しっかり3試合自分が勝ってチャンピオンになるので応援よろしくお願いします」

 

選手登録