2021.06.25

 岡山・ナックルズジムにて、7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R]で高梨knucke美穂と対戦するMARIが公開練習を行なった。

 MARI今年3月「K'FESTA.4 Day.2」日本武道館大会でK-1初参戦。高梨knuckle美穂と対戦し、延長判定までもつれる接戦の末に惜しくも判定で敗れた。

 MARI自身も「思った以上に練習したことが出せたと。ペースは握ったと思うんですけど、決定的なダメージを与えてないので、負けてはないけど勝ってもいないと思った」と話すクロスゲームで「いずれ再戦すると思ったんですけど、ダイレクトリマッチとは思っていなかったんでオファーが来た時はうれしかった」と今回の再戦に胸を躍らせる。

 敗れはしたものの手応えを掴んだ。「映像を見直して『もっとここでいけたな』と思う部分があった」と反省点をあげつつ「自分の距離を保てて戦えたと思う。これまで色んなルールをやってきて、蹴り足を掴む癖が出ちゃったんですけど、組み・掴みが一切ない打撃だけのK-1ルールはすごく好き。自分に合っていると思いました。今はK-1ルールで勝つためにパワーもスピードもどちらを強化しています」とK-1ルールでの戦いにも自信を持っている。

 今回は高梨との完全決着戦というテーマもあり「前回が不完全燃焼だったので、高梨選手は次で(調子を)上げてくると思います。私が必ず勝つんですけど油断はしていません」とMARI。

 高梨が自身の公開練習で「パンチでぶっ倒してKOするのが理想。完全決着をつけてもう二度とやりたくないと思わせたい」と発言したことを伝え聞くと「それは私も同じ気持ちです。高梨選手の得意分野のパンチで倒したいです」と不敵に語った。

 今後の目標として「まだK-1の女子ミニマム級にはベルトがないですけど、いい試合を続けて、もしベルトが新設されれば狙っていきたい」とK-1ミニマム級王座新設を掲げたMARI。さらに「過去に違うルールで敗れているMIO選手とK-1ルールで再戦したい」とMIOへのリベンジにも意欲を見せた。

 最後にMARIは「負けてばかりの私を変わらず応援してくれるみなさま、次は必ず勝って、みなさんを喜ばせるので応援よろしくお願いします」とファンにメッセージ。高梨との再戦に完全決着で勝利して、K-1での未来を切り拓くか!?

 

選手登録