2021.06.24

 6月24日(木)、都内にて、開催を明日に控える「Krush.126」後楽園ホール大会の前日会見が行なわれた。

 第6試合でKrushフェザー級ワンマッチを戦う鷹大と國枝悠太は両者とも無事に計量をパス。揃って記者会見に臨んだ。今大会ではメインイベントで新美貴士vs岡嶋形徒のKrushフェザー級タイトルマッチが行なわれるが、Krush EVANGELISTの石川直生さんは、この一戦を「フェザー級タイトルを意識した実力者同士の一戦です」と紹介。「両選手ともパンチが強いんですけども、攻撃に入るタイミングが異なるので、そこの一瞬の駆け引きで試合が動いていくんじゃないかと思っています」と語ったように、ハードパンチャー同士がタイトル戦線浮上を狙って激突する一戦になりそうだ。

 鷹大は今年3月の「K’FESTA.4 Day.2」に出場選手の負傷欠場を受け緊急出場。玖村修平と対戦したものの敗戦を喫したが、石川さんが「これまでムエタイ系のベルトを3本獲得しているので、相手の動きをしっかり見るということに長けている。そこから自分の的確なパンチに繋げていくのが魅力です」と評価される実力者だ。会見では、「やれることはやってきたんで、それを明日リングの上でお見せします」と挨拶した鷹大。相手の國枝が前回の林京平戦でパンチでのKO勝利を上げていることから、「いかにパンチをもらわずに自分の攻撃を当てていくかっていうイメージで練習してきました」と対策も練ってきた。

 もちろんフェザー級のベルトも視野に入れているが、「先のことを考えても足元すくわれちゃうんで、まずはこの一戦ですね。この國枝の選手との戦いに全力を注いで、それから先はこれからです」と目前に迫った國枝戦に集中。「前回久々に楽しめた試合だったんで、今回はより楽しみながら、なおかつ勝つというのをテーマにしています」と意気込んだ。

 対する國枝はKrushに参戦して今回が3戦目のニューカマー。しかし、前回の林戦でのKO勝利が印象深く、石川さんからも「いい意味で調子に乗れるファイターだと思うし、Krushでの戦い方を見つけたと思うので、明日も序盤から楽しみにしています」と期待を寄せられている。

「明日の試合はメインがフェザー級のタイトルマッチということで、その選手に僕のことを意識させる試合をしようと思っています」と、タイトル戦線への参入にも意欲的な國枝。「今回で3戦でKrushのフェザー級の中では一番下のほうにいてると思うんで、とりあえず上にいる奴一人ずつ倒して降ろしていって、勝手に僕が上がっていくと思っています」と下剋上を虎視眈々と狙っている。

 対戦相手の鷹大に関しては、「打たれ強いかなと思っています」とタフさを警戒するポイントとして上げたが、「修平が倒せなかったんで僕が倒そうと思っています」と、得意のパンチでKOを狙うことを宣言。「メインのフェザーのタイトルマッチより面白い試合をするんで、応援よろしくお願いします」と鼻息荒く語っていた。

鷹大
「やれることはやってきたんで、それを明日リングの上でお見せします。(計量で向き合った時に感じた印象は?)前々回の試合の時、龍斗選手に中指立ててたんで、そういう感じで来るのかなと思ってこっちも身構えてたんですけど、そういうのがなかったんで、思わず握手しました(笑)。(この一戦に向けて意識して取り組んできたことは?)前回パンチでKOしているんで、いかにパンチをもらわずに自分の攻撃を当てていくかっていうイメージで練習してきました。

(どんな勝ち方をして、どんなことをアピールしたい?)もちろん今年中にフェザー級のベルトは狙っているんですけど、目先のことを考えても足元すくわれちゃうんで、まずはこの一戦ですね。この國枝の選手との戦いに全力を注いで、それから先はこれからです。(國枝選手は倒すと言っているが?)見えない角度で当たればそりゃ効くんで。まあ、もらわないようにします。

(前回の試合から修正してきた部分は?)修正した部分というよりは、前回久々に楽しめた試合だったんで、今回はより楽しみながら、なおかつ勝つというのをテーマにしています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日僕と國枝選手にしかできない試合ができればと思っているんで、期待していてください」

國枝悠太
「明日の試合はメインがフェザー級のタイトルマッチということで、その選手に僕のことを意識させる試合をしようと思っています。(計量で向き合った時に感じた印象は?)手を出されて握手して、それだけですね。あまり何も思わなかったです。(この一戦に向けて意識して取り組んできたことは?)この一戦というより全部の試合を楽しめるように練習しているんで、楽しむことだけ考えています。

(どんな勝ち方をして、どんなことをアピールしたい?)僕はKrushに来てまだ2戦、今回で3戦でKrushのフェザー級の中では一番下のほうにいてると思うんで、とりあえず上にいる奴一人ずつ倒して降ろしていって、勝手に僕が上がっていくと思っています。(前回KO勝ちして自分のパンチの強さの感触は残っている?)普段からスパーでも結構倒し合いのスパーをしているので、スパーで倒した時とあんまり感触は変わんなかったです。

(鷹大選手に関して、最も警戒していることは?)打たれ強いかなと思っています。(玖村)修平が倒せなかったんで僕が倒そうと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日メインのフェザーのタイトルマッチより面白い試合をするんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録