2021.06.15

 7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ヘビー級/3分3R・延長1R]で丸山公豊と対戦する実方宏介のインタビューを公開!

――3月のK-1武道館大会に続いて、2度目のK-1参戦が決まりました。前回は京太郎選手に2RKO負けという結果でしたが、あの試合を振り返っていただけますか?

「前回すごく調子がよかったんですけど、京太郎選手はほんと強くて実力差を感じたというか。自分の持ち味を出し切れなかったと思います。すぐにでも試合をしたかったので、こうして試合が決まってよかったです」

――最後は京太郎選手のパンチに沈みましたが、1Rの動きはよかったと思います。

「そうですね。周りの人たちや魔裟斗さんの解説でもすごい褒められていたんですけど……。結果が全てなので、1Rの動きを続けられなかったことが悔しいです」

――では2Rに入って実力差を感じた、と。

「1Rが終わった時点で、思ったより実力差はないのかなと思ったんですけど、2Rになって京太郎選手はエンジンを掛けてきましたよね。1Rは京太郎選手のパンチが見えていたんですけど、今思うとまっすぐのパンチをほとんど打ってないんですよ。で、2Rに入ってまっすぐのパンチを打ってきて、あれは全く見えなかったです。僕のカーフキックが効いていたのもあると思うのですが、1Rにエサを撒いていて、2Rに仕留めるというところで『やられた!』という感じです」

――今回は前回の悔しさをぶつける試合になりそうですね。

「そうですね、今回は自分の力を全部出し切って、前回取れなかったKOボーナスを取ろうと思います。今回こそ自分を全て出して、K-1ファンのみなさんに本当の実力を見せて、圧倒して勝ちたいです」

――対戦相手の丸山選手の印象をお願いします。

「プロ無敗の選手で、試合映像も30秒ぐらいでKOしたものしか見ていないんですけど、すごくパンチにパワーがあると思います。ただパンチを振りまわす選手とは今まで散々やってきて、一度も負けたことがないので、その辺は問題ないと思ってます。僕とは身長差もあるので、あのパンチは当たらないです」

――どんな試合を見せたいと思っていますか?

「実は前回の試合が終わったあとに京太郎選手から『実方くんは優しいんだよ。その優しさは格闘家に向いてない』と言われたんですよ。今回は心を鬼にして、優しさを捨てて戦おうと思います」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「前回は情けない姿を見せてしまったので、K-1ファンの方々に本当の自分の強さを見せつけたいと思っています」

 

選手登録