2021.06.15

 東京・K-1ジム総本部にて、6月25日(金)東京・後楽園ホール「Krush.126」の[Krushウェルター級/3分3R・延長1R]で山際和希と対戦する寧仁太(アニンタ)・アリが公開練習を行なった。

 ここまでプロ戦績4戦4勝4KOというパーフェクトレコードを残している寧仁太。「試合経験を積むにつれて、徐々に(コンディショニングが)上手くなっていって、今まで一番いいコンディションで追い込みも減量もできていると思います。試合を重ねて自分に合った減量方法も分かってきたし、色んな人からアドバイスをもらって。メンタル面も充実しているというか、ちゃんと格闘技に向き合うようになって。試合に向けての減量も得意になっていますね」とコンディションは過去最高だという。

 対戦相手の山際は51戦のキャリアを誇り、第7代Krushウェルター級王者にもなった実力者。寧仁太にとっては過去最強の相手と言っても過言ではない。寧仁太自身「ベテランでタイトルも獲った選手なので“強い”という印象です」と話し、山際が得意にしている蹴りについても「強くて硬い」。

 山際が最近の試合でパンチを強化していることにも触れて「前回の試合でもパンチを出していたし、王座決定トーナメントでもパンチでKOしていたので、パンチも蹴りもなってさらに強くなっていると思います」と山際の強さを素直に認めている。

 その一方で「僕も山際選手に負けずに色んな技を出して勝ちたい。(技の引き出しは自分の方が上?)身体能力を上手く活かせているんで、色んな技を出せていると思う」と倒せる技の数には自信を持ち「山際選手は一つの技でも倒せる技を持っていて、例えば右ミドルだけでもあれだけ強い。そこにパンチが加われば、さらに強くなっていると思うので、試合するのが楽しみです」と山際との対戦を楽しみにしている。

 寧仁太自身、プロ無敗という結果については「龍児さんや先輩たちのアドバイスを聞けているので勝てていると思う。格闘技は一人で勝てるほど甘い世界じゃないので、周りの人たちのおかげだと思います」。

 無敗でいることに強いこだわりはなく「もちろんこれからも負けたくないですけど、マニー・パッキャオみたいに負けても強い選手はいる。負けていいとは思わないけど、勝つまでも過程も大事で、ゴールを見失なければいいと思っています」とやるべきことをやれば結果はついてくるという考えだ。

 3月の「K'FESTA.4」にはK-1ジム総本部チームペガサスから寧仁太、軍司泰斗、瓦田脩二の3人が出場し、3選手とも勝利。総本部の面々は「切磋琢磨しているチームであり、みんなライバル」という寧仁太は「K-1の一番大きい大会で全員勝てたのは、自分たちがやってきたことが間違ってなかったということ。でもみんな次の試合が決まっていくし、終わったことは一旦置いておいて、次の試合に勝たないといけないなと思います」と更なる高みを目指している。

 ここで元Krush王者の山際に勝てば、タイトル挑戦も見えてくる。「僕は先を見過ぎると目の前のことに集中できないタイプなので、今は山際戦がタイトルマッチくらいの気持ちでやろうと思っています」と山際選手に集中する一方「山際選手を倒せば自ずとタイトルマッチに近づくと思う。僕が試合を選べる立場ではないですけど、少しでも挑戦に近づけるようにアピールしたい」とベルトを見据えている。

 最後に寧仁太は「次の試合では今までよりもっと成長した姿を見せられると思います。全部の面で成長していると思うので、入場から退場まで全てに注目してください!」と堂々宣言。ウェルター級注目の無敗の新星はどんなインパクトを残すか?

 

選手登録