2021.06.14

 7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で寺田匠と対戦する髙橋直輝のインタビューを公開!

――K-1本戦初出場が決まりました。今の心境を教えてください。

「K-1 JAPAN GROUPに出るようになって、勝たれへん時もあったんですけど、最近2連勝することが出来て。K-1の本戦は憧れの舞台だったので“このチャンスがやっと来た!”という感じでメチャメチャ嬉しいです。本戦の枠も限られていると思うので、選ばれるかどうかを星に願っていました(笑)」

――今回スーパーファイト初登場ということで、改めてこれまでの格闘技歴を教えてください。

「幼稚園の年中ぐらいでボクシングを始めて、そこで怪我をしてしまって小5ぐらいでキックボクシングに転向して、そこからはずっと(キック)という感じです」

――空手などの経験はないのですか?

「通っていたキックボクシングの道場で軽く(空手を)教えてもらったりしてましたけど、ベースはキックボクシングになります」

――自分をどんなファイターだと思っていますか?

「この階級だったらパワーはあると思うので、持ち味はパワーだと思います。昔は足を使って戦うこともあったんですけど、最近は倒そうと思って前に出るようにしていて“倒すスタイル”で頑張っていこうと思ってます」

――髙橋選手が目指している理想の選手・戦い方を教えてください。

「カッコいいと思うのは武尊選手で、打ち合いの中での魅せ方がスゴいなぁと思うのはは山崎(秀晃)選手です」

――同じくK-1にも出場しているMOE選手とは兄妹になりますよね。

「はい。MOEが格闘技を始めたのは小学1年か2年生ぐらいですかね。僕が先にジムに行っていたので、最初は無理やり行かされていた感じですが(苦笑)、それからずっと続けてますね。兄妹で仲はいいと思います」

――MOE選手は髙橋選手よりも先にK-1のスーパーファイトに出ていますが、それについてはいかがですか?

「MOEは優選手に負けてしまいましたが“こんなもんじゃないよな”と言いたいです。もっと練習していたこともあったので。やっぱり初のスーパーファイトということもあって緊張もあっただろうし、本人は『次、俺が見せたるで』って言っておきました(笑)」

――髙橋選手は緊張はないですか?

「試合まではガチガチになりますかね(笑)。でもリングに上がったらあんまり緊張しないタイプなので大丈夫です」

――そんな中で今回は新鋭・寺田匠選手との対戦が決まりました。

「1発1発のパワーがありますよね。フックとかすごくタイミングよく綺麗に入れてくるんで、当て勘もスゴいのかなと思ってます」

――そんな相手とどんな試合を見せてくれますか?

「相手はフック・ローという感じで入ってくるので、無理矢理でも打ち合いに持っていこうと思ってます」

――それでは改めて意気込みをお願いします。

「絶対に勝つ、勝つは勝つでも“魅せる試合”で勝ちます」

 

選手登録