2021.06.02

 5月30日(日)神奈川・横浜武道館「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」、そして6月5日(土)東京・GENスポーツパレス「Krush-EX 2021 vol.3」。この2大会で女子アトム級の試合が全5試合組まれている。初代K-1女子フライ級王者・KANAがこの5試合についてコメント。盛り上がりを見せている女子アトム級の注目ポイントはここだ!

5.30K-1横浜 MIOvs菅原美優・MOEvs優 編⇒https://bit.ly/2S5osoD

☆チャン・リーvs紗依茄
「チャン・リー選手は自分と年も近くて、好きな選手なんですよ。年齢的なところからも覚悟がすごいという印象もあって、もっと上に来るかなと思ったんですけど、勝ったり負けたりが続いてますよね。紗依茄選手はリーチが長くて、バランスがメッチャいいんですよね。チャン・リー選手はこれまで、NOZOMI選手だったりMOE選手だったり、手足が長くて前蹴りが得意っていう、似たタイプに負けてきているんですよ。そういう意味では、チャン・リー選手にとっての大一番だと思います。今までの負けを払拭できるかという点で、ここで勝てばメチャクチャ大きいですよね。紗依茄選手はまだキャリアは浅いですけど、ここからすごく上がってくる選手だと思うし、まっすぐ攻めていったら難しいかなと。勝敗予想では紗依茄選手にちょっと分があると思いますけど、チャン・リー選手が頑張ってそこを突破するところも見たいと思っています」

☆加藤りこvsKiho
「加藤選手は以前、KHAOSの解説をやらせてもらった時に試合を見ましたが、サウスポーでメチャクチャ気持ちが強くて、相手からしたらやりにくいタイプかなという感じですね。今回は復帰戦にもなるので勝ちがほしいと思うんですけど、Kiho選手はメッチャうまい選手で、蹴りがメッチャ強くて。加藤選手が気持ちだけで行ったら、うまいことされてしまうんじゃないかと思います。バランスがよくて蹴りの本数が多いから、パンチもしっかり入るので。加藤選手がまっすぐ入っていくようだと、KOもあるかなと思います」

☆AIKOvs谷田美穂
「この2人は、どちらも今までは身長差のある相手としか戦ってないんですよね。今回は小柄同士というか、同じぐらいの身長で戦えるということがどうなるか。谷田選手はアグレッシブさがハンパないんですけど、AIKO選手はフットワークがすごく使えるので、身長差のない相手に対して、自分の戦いをできた方が勝てるんじゃないかと思います。自分の中では、AIKO選手が体の使い方とかコントロールといった技術面で、少し上回っているような印象なので、勝敗予想をするとしたらAIKO選手ですかね。この2人は勝った方がK-1 JAPAN GROUPでの初勝利になるんですよね。今、大会数も選手数もすごく増えてきているので、その中で無難な試合をしてしまうと、お客さんの印象にも残らないですよね。だからお互いに勝ちに徹するのではなく、魅せる試合で初勝利をもぎ取りにいってほしいですね」

☆女子アトム級の盛り上がりについて
「今までKrushやK-1でも、大会の中で女子は自分の試合しかないという状況がほとんどで、自分ひとりで何十試合もすることはできないし、盛り上げたくても限界があったんですよね。それがこうやって、女子でもK-1の舞台を目指してくる選手が増えてきて、階級は違えど盛り上がってきているという状況は、メチャクチャうれしいです。でも、まだまだ自分が先頭を切って盛り上げないといけないと思うので、負けられないなという気持ちもすごくあります。同じジムの(菅原)美優ちゃんとは、お互いの階級でもっと頑張っていきたいと思います。そうすればK-1女子ももっと盛り上がると思うし、K-1ジムにももっと女子が増えて、盛り上がっていくと思うので」

 

選手登録