2021.06.01

 5月31日(月)、都内にて「Krush.125」の一夜明け会見が行われた。

 メインイベント(第8試合)で平山迅を判定で下し、Krushスーパー・ライト級王座2度目の防衛に成功した佐々木大蔵。中村拓己K-1プロデューサーも「佐々木選手の強さ、試合の中で成長してるところが見えた試合。それも挑戦者の平山選手のタイトルマッチにかける覚悟が試合への準備に表れていて、そういう選手を退けたところに佐々木選手の強さが見えた」と試合内容を評価し、佐々木自身も「やりたいようにできた」と満足げ。

 ボクシングジムに通って新しい技術を取り入れたことと、平山の気迫に応えられたことが勝因と振り返った。今後についてはジョーダン・ピケオーが継続中のKrush王座の連続防衛記録を更新していくとともに、9月のK-1横浜アリーナ大会への出場をアピールした。

佐々木大蔵
「(ベルトを防衛した心境は?)あんまり『ベルトを防衛するぞ』という意識はなくて、平山選手に勝つことだけを考えて、あとは自分のやるべきことを考えながら昨日も試合を進めてたつもりでした。結果として防衛戦を制することができて、平山選手に勝つことができて、また平山選手の思いだったりも今後自分に課して、どんどん高みを目指していこうと思ってますね。

(試合内容については?)ABEMAプレミアムに入ってるんで追っかけで見てたんですけど、自分がこう進めていくという試合というか、映像で見ても、ここをこうしとけばよかったなとか、けっこう試合中は冷静に戦えました。そのまま自分のやりたいように、前日会見で言わせてもらった通り、下描き準備に色づけするような、そういう進行ができたと思いますね。

(ジャブや左ミドルが入っていましたが、狙っていた?)そうですね、あれは一発入って、直感的にですかね。このままボンボン入るなというのがあったので、体が反応したというか。(今、一番のモチベーションは?)格闘技に触れられてることですかね。会見などでも言わせてもらってるんですけど、ボクシングジムに通わせてもらって、ボクシングの技術だったり、それを取り入れることでキックに使えることだったり、いろんなものを、まだまだ学ぶことがたくさんあるなって。人生においてもですけど、やることがたくさんあるので、そういったものを感じながら『生きてるな!』って感じがあるので、好きな格闘技に触れられてることが一つのモチベーションですかね。

(これからどういう相手と戦いたい?)どういう相手というよりは、自分の格闘技をやっていく上でレベルアップと進化を求めて、本来だったらセンチャイ選手と、って言いたいところですけど、なかなか難しいかなと思うんですけど。リング上で、誰が相手でも楽しんでるような、そんな姿を、どんな相手でも噛み合って、それをお客さんに届けられるような試合をしていきたいなと思います。

(今後の目標は?)今のと重なっちゃうんですけど、いいですか?(笑) 一人でも多くの方に、佐々木大蔵にしかできない、“大蔵ワールド”というか、そういったものを見せられたらいいなと思ってますね。(序盤から左ミドルを出さなかった理由は?)それはやっぱり平山選手の圧だったり、出すに出せない場面もあったので、自分の好きにさせてもらえなかったというのは平山選手の強さで
もあったし。やっぱり手はお互いに出してなかったですけど、ああいった展開の中でもお互いの駆け引きというか熱があったので、目に見えないものという部分は、お互いに感じていたかなと思いますね。

(パンチのディフェンスがよかったのはボクシング特訓の成果?)そうですね。そう言っていただいて、本当にありがとうございます。まだまだ僕の知らない技術があるので、そういったものも今後見せられたらいいと思います。(これで2度目の防衛ですが、Krush最多防衛を狙いたい?)そうですね、ピケオー選手が今、独走してるんですかね、確か。この機会にどんどん重ねていきたいですね。(K-1での目標は?)9月に横浜アリーナ大会が発表されたので、僕はもうそこに目がけていいでしょうか(笑)。願望ですけど、そこに目がけていきたいなと思ってますね」

 

選手登録