2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第6試合でMOEと対戦した優は、延長戦にもつれ込むも新鋭を振り切り判定勝ち。待望のK-1初勝利をものにした。延長戦になってもスタミナを切らさず勝利した要因に、女子強豪選手が多く集まるNEXT LEVEL渋谷への移籍と、そこでの練習を挙げた優。強い自信を生んだ練習の日々を振り返った。


「昨日は急遽場所・日時を変更して運営の方々もすごい大変だったと思うんですけど、開催して頂き本当にありがとうございました。応援してくださった方々にもすごい感謝しています。試合自体も前回から少し(間隔が)あって、久々の感覚もあったのと、勝ててホッとしているのが一番です。

(延長戦で勝てたのは)環境の変化が一番ありますね。仲間を信じるのと、今まであまり自分を信じてなかったというか、自分をあんまり分かっていなかったんですけど、自分を信じてできたのが一番かなって思います。あと単純に練習内容がかなり変わったので、スパーリングも多いですし、走り込みが多いので、そういうところが延長も全然余裕でできたかと思います。

(今の練習環境について)女子が多いジムなので、他団体のチャンピオンもいますし、壽美選手も一緒に練習している中で、私が一番小さい階級ですけど、大きい階級の選手たちと毎日のようにスパー・対人練習をすることが多かったので、体で当たり負けはしないだろうなってずっと思っていたし、それが自信になりました。

(今後の目標は)次もできれば出場したいなって思うのと、自分は言ってもそんなに長くはできないので、早いところまた強い選手と組んで頂ければと思います。(女子の名門ジムに移籍してよかった点は?)自分の(経営する)お店と目と鼻の先ぐらいのところで、以前も週一で出稽古は行かせてもらっていて、それが毎日できるっていうのがいいのかな。やっぱり女の子と毎日ガチでやるっていうのは他のジムではない環境だと思うんです。

 他団体のチャンピオンがいてタイトルマッチは5Rやるので、その練習パートナーとかをよくやっていたんです。なので5Rの設定でスパーリングをすることが、しかも体格の大きい選手とやっていたので、毎日吐きそうなぐらいシンドくて、それがあったので延長が何も怖くなかったです。もう1Rやってもいいんじゃないかと思うぐらい全然余裕でした」

 

選手登録