2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第7試合で亀本勇翔に判定勝ちを収めた斗麗。プロ無敗のまま、今年2月のKrushフェザー級タイトルマッチで王者の新美貴士に挑戦するも判定負けで王座獲得ならず。復帰戦となったK-1の大舞台で勝利を飾ったが「普通にやれば勝てると思ってた」と斗麗。見据えるのはK-1のベルトだけに、勝利をしてもまだ課題があるという。

「今までで一番、倒しに行くところは倒しに行って。でもまだ細かいところで精度が上がってないんで、倒せなくて。倒せるように頑張ります」

 同大会に出場したK-1フェザー級王者・椿原龍矢の勝利には、さらなる刺激を受けた様子で「チャンピオンは強ければ強いほど倒しがいがあるんで。僕はそこまでたどり着くんで、待っといてくださいって感じですね」。西の超新星はK-1王座奪取を虎視眈々と狙っている。

斗麗
「まず始めに、対戦してくださった亀本選手、所属ジムの関係者の皆様、何よりこの状態の中で試合を組んで下さったK-1関係者の皆様、会場やABEMAで僕の応援をしてくださった皆様、あと、僕のサポートをしてくださった皆様、本当にありがとうございました。昨日の試合の内容は全然納得いってないんですけど。素直に、前回負けてて、今回勝ててホッとしてます。

(K-1のスーパーファイト初勝利については)K-1で勝ったからって、別にそんな、なんも思ってなくて。普通にやれば勝てると思ってたんで。(粘り強い相手でしたがどう思いましたか)戦う前から別に僕は亀本選手のことを舐めてないんで。普通に、やってて楽しかったですし、亀本選手と試合してよかったと思ってます。

(今回の試合で一番経験になった、収穫になったと思うことは)うーん、まあ自分の、今までやってきた中で一番、倒しに行くところは倒しに行って。それでも行き過ぎて、何ていうんですかね、細かいところで全然まだまだ、精度が上がってないんで、倒せてないんで、僕は。これからもっと精度を上げて、そこを倒せるように、頑張っていこうと思ってます。

(昨日はチャンピオンも試合しましたけど、それもふまえてこれからの目標を教えてください)昨日は試合終わって、同じジムの(三井)大揮君のKrushの試合のセコンドに行ったんでチャンピオンの試合は見てないんですけど、チャンピオンが勝って。チャンピオンは強ければ強いほど、倒しがいがあるんで。そこまで僕はたどり着くんで、待っといてください、って感じですね」

 

選手登録