2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 佐々木洵樹はスーパーファイトでラット・エイワスポーツジムと対戦。ボクシングvsムエタイと見られた一戦は、佐々木のパンチに対し、ラットがキックで反撃。互いに距離を探りあいながらの攻防となったが、組みつく場面が目立ったラットには3Rにイエローカードが与えられる場面も。

 試合は共に決め手のないまま終了し、判定は29-29、30-26、30-27の2-0で佐々木。勝利を収めるも、佐々木は納得のいかない表情で引き揚げた。

 試合後にバックステージで「これで終わりになるかも」と、自身の進退に対する気持ちを吐露していた佐々木は、その理由として「一番は人を感動させるような試合ができなかった」ことを挙げた。

 そして「今日の朝からずっと古川会長と話をしてきました。自分で自分を見つめ直したいみたいな感じも伝えたんですけど、『30歳で見つめ直すのは甘すぎる』みたいな感じで言われました」と、古川会長とのやりとりを告白。気になる今後については「会長と再度話し合いをした上で報告したい」と語るにとどめた。

佐々木洵樹
「昨日はK-1関係者のみなさま、あとはラット選手、応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。(試合後のバックステージで『これで終わりになるかも』とコメントしていたが、一夜明けての思いは?)まあ、昨日終わってみて、率直な感想というか、あのまま伝えたままっていう気持ちで、今日の朝からずっと古川会長と話をしてきました。

 気持ちとしてはバックステージで言った感じだったんですけど、会長としては『俺が無理だと思ったら辞めろっていうのは、すぐ言う』って伝えてくれたんですけど。まあ、最後にちょっと自分で自分を見つめ直したいみたいな感じも伝えたんですけど、『オマエな、30歳になるけど早い。30歳で見つめ直すのは甘すぎる』みたいな感じで言われましたね。

(それも踏まえ、今後については?)また、古川会長と話す機会を設けてからというか。ファンのみなさまには申しわけないんですけど、あらためてちょっと伝えたいなっていうのは思ってます。

(そういう思いになっている理由は?)まあ、インタビューでも言ったとおり、K-1のKはKOだと思ってるんで、そのなかでああいう試合になって。今回“生き様がファイトスタイルとていうポスター、見直したときに、ラット選手の生き様がアレだったんだなって、逆に勉強させてもらったというか。K-1の舞台ですけど、ああやって警告されてもやり通す強さが、自分にはなかったのかな、あったら倒せたのかなとか、いろいろ考えたんですけど。一番は人を感動させるような試合ができなかったっていうのが、そう思ったきっかけでした。

(それは試合が終わってから思った? 試合の前から考えていた?)もちろん、試合前から盛り上がる試合、勝つ前提でやるっていうのは、ファイターみんなそうだと思うんですけど。あとはまあ、やってる最中も思いましたね。う~ん……。あそこで組みつかれてイライラしてる、弱い自分が出て。あそこで(武居)由樹くんだったら、ああいう選手には遊ぶというか、何かうまいことやるんだろうなとか、そういうのをふと考えながら(苦笑)。やっぱ、自分の絶望さというか、そういう感じでしたね。

(ムエタイの選手の蹴りを受けて感じたことは?)自分で蹴ってみても足の甲が、メチャクチャ鉄みたいに固くて。右のミドルも固かったんで、ちゃんとって言ったらアレですけど、本当に練習してきて作り上げた身体だったんだなと思います。会長にもあのあと、『ああいう相手は難しい』っていうのは伝えてもらいましたね。

(そういう相手を倒しきるという課題をクリアせずに、このままグローブを置いてもいい?)ウ~ン、そこは……、そうですね(苦笑)。(とりあえず、時間を置いて結論を出す?)そうですね、申しわけないんですけど。あれからファンのみなさまにもいろいろコメントをもらって、本当にうれしかったんですけど、そういうふうにしたいと思ってますね、今後については。会長の名前ばっか出して申しわけないんですけど、本当に自分は会長がいなかったらここまで来れなかったと思ってるので。すみません」

 

選手登録