2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 今回がスーパーファイトとしてK-1初参戦だった佐野天馬。島野浩太朗との一戦では魂のファイター島野に対し、一歩も引かない打ち合いを展開。スマートなテクニシャンといった印象のあった佐野が新たな一面を見せ、復活白星を上げた。

 一夜明け会見では“絶対負けない”という気持ちで戦っていたと激闘を振り返った。

佐野天馬
「昨日は応援ありがとうございました。久しぶりの試合で、久しぶりに勝つ姿を見せることができて嬉しかったです。(気持ちと気持ちのぶつかり合いだったが、戦っていてどんな気持ちだった?)ああいう試合になることは分かっていたので、もう“絶対に負けない”という気持ちで戦っていました。

(島野の印象は?)やる前と変わらずという感じですかね。(ダウンから立った島野が反撃してきて、気持ちが折れそうにはならなかった?)気持ちは折れそうにはなってないと思います。“絶対負けないぞ”っていう気持ちで戦っていたので、だからあそこからまた反撃できたんだと思います。

(2度目のダウンを奪ったカウンターについて)試合を見返したんですけど、1・2Rは自分が思っていた、想像していた通りの展開だったんですけど、3Rは“こんな感じだったんだ”ってガムシャラで結構覚えていなくて、あんまり覚えていないです。(佐野選手の新しい部分が見られた感じがあったが)いつもと違う自分を少しは見せられたかと思います」

 

選手登録