2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第14試合でヴィトー・トファネリと対戦した林健太。今回がスーパー・ライト級に階級を上げての第一戦で、トファネリに2度のダウンを奪われ絶体絶命のピンチとなったが、そこから3度倒し返して逆転のKO勝ちを収めた。

 これまでKO負けのないタフなトファネリを倒し、新階級での存在をアピールする内容となった林だが、ディフェンス強化を課題に上げ反省が口をつき、目標とする王者・山崎秀晃への挑戦には「まだヒデさんの攻撃だと危なっかしい部分があるんじゃないかと昨日の試合で思いました。もう少しディフェンスを鍛えて出直します」と慎重な姿勢を見せた。

林健太
「応援してくださる方々には申し訳ないんですが、毎度毎度心臓に悪い試合をしてすみませんでした。いい部分と悪い部分と両方分かったので、まだまだ強くなるなっていうのを思いました。あとK-1は1週間の誤差で横浜武道館大会をやってくれて、選手としてすごい助かったんですけど、昨日はコロナ対策で密になるのを避けるので試合が終わったらすぐ退館してくださいと言われて、僕試合が終わってすぐに退館したんです。それで家に着いた瞬間電話が掛かってきて、『林選手、インタビューの番です』って言われて、『エッ、もう家に着きました』と言ったら向こうも『エッ!』と言って、僕のインタビュー動画が上がらないので、そこだけお願いします(笑)。

(逆転できたのは)今回は本当にいいトレーニングができて、自分にすごい自信があって。1回目にダウンした時は“倒された”って一瞬思ったんですけど、“絶対やり返せる”っていう自信があって…ただ2回目のダウンは正直めっちゃ焦りました(苦笑)。でもどこか落ち着いていたのか、セコンドの兄弟の声はめっちゃ聞こえて、そのセコンドの声の通りに動いたらああいう結果になったので、自分がやってきたものがあるから安心感というか素を保てたのと、セコンドの声に助けられました。(ダウンのダメージは?)1回目のダウンはそんなになかったんですけど、2回目のバックハンドブローは若干効きました。でも一番残ってるのはカーフキックですね。痛かったです。

(前日の会見ですごく自信に満ちていましたが、実際にやってみての実感は?)始まってすぐローキックを蹴ったんですけど、今までだったら蹴れてる感覚があまりなかったんですけど今回はしっかり蹴れてる感覚があったからローキックもいっぱい出せたし、ヒザ蹴りから組み立てとかもできたし、初めてキックボクサーになりました。(対戦相手の印象は)回転系の技とかはすごいウザかったのと、ローキックが空手家だから痛かったです。カーフキックが痛かったです。

(今後の改善点は?)みんな分かってると思いますけどディフェンスですね(笑)。ディフェンスをハンパじゃないぐらいやらないとダメですね(苦笑)。SNSでも、応援してくれる人のLINEや、どこを見ても『ディフェンス強化』って入ってくるので、ディフェンスを徹底したいと思います。若干(気づくのが)遅かったですけど(笑)、今から改善していけば大丈夫ちゃうかと思っているので、オフェンスに関してはスーパー・ライトでも通用すると思ったので、課題はディフェンスですね。頑張ります。

(今後は2階級制覇に向かう?)KOされたことのないファイターを階級を転向して1発目で倒したらすごくいいアピールになるんじゃないかと言っていたんですけど、いいアピールとともにディフェンスのモロさを露呈してしまったというか(苦笑)、ディフェンスを強化していったら“やっぱりアイツ行けるんちゃうか”って思われると思うので、ディフェンスを強化してもう1回戦って、自分で“行けるんや”って実感したいですね。まだディフェンスがモロいって自分でも思いました。(あと1年ぐらい掛かる?)いや、できる限りベルトには早く行きたいので、ディフェンスを強化して早くベルトまで行きたいです。

(目標にする王者・山崎秀晃との対戦については?)やっぱりヒデさんのパワーはハンパじゃないものがあるので、攻撃vs攻撃ならいい感じかなと自分で思うんですけど、僕のディフェンスがモロいので、まだヒデさんの攻撃だと危なっかしい部分があるんじゃないかと昨日の試合で思いました。もう少しディフェンスを鍛えて出直します」

 

選手登録