2021.05.29

 5月29日(土)、都内にて明日横浜武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」の前日記者会見が行なわれた。

 個性豊かなメンバーが揃ったK-1バンタム級日本最強決定トーナメントは前日会見でも各選手が激しく自己主張し、激しく火花を散らした。

 トーナメント一回戦・第1試合では、今回がデビュー戦となる大村修輝が萩原秀斗と激突。当初、大村の対戦相手は橋本実生だったが、橋本が感染症拡大防止のため、一定の待機期間を設ける必要のある選手に該当することが判明し、本大会への出場を見合わせることに。その代打として大会6日前に萩原の緊急参戦が決まった。

 思いもよらぬ形でチャンスが巡ってきた萩原は「今までやってきたことだったり、経験の経験だったり、そういうものがあるので大丈夫です」と緊急参戦についても頼もしいコメント。名門POWER OF DREAM所属の大村は「いきなり対戦相手が変わって、ビックリはしてるんですけど、変わったからってやることは変わらないので。そこはやってきたことを試合で見せたいと思います」と初陣に向けて意気込んだ。

大村修輝
「こんにちは、足立区から来たPOWER OF DREAMの大村修輝です。急遽、対戦相手が変わったんですけど、自分のやれることはやってきたので、それを試合で見せたいなと思ってます。(トーナメントの出場選手が変わったことについては?)デビュー戦でいきなり対戦相手が変わって、ビックリはしてるんですけど、変わったからってやることは変わらないので。そこはやってきたことを試合で見せたいと思います」

萩原秀斗
「チームペガサスの萩原秀斗です。まず、このような状況になって、僕に声をかけてくださった中村プロデューサーと関係者各位のみなさん、ありがとうございます。明日はおもいきり楽しんで、K-1を盛り上げて、夢をつかみます。(急遽出場が決まってコンディションは?)全然問題ないです、大丈夫です。いままでやってきたことだったり、経験の経験だったり、そういうものがあるので大丈夫です」

 

選手登録