2021.05.29

 5月29日(土)都内にて、開催を明日に控える「Krush.125」後楽園ホール大会の公開計量と記者会見が行われた。

 今大会は5月23日から日時・会場ともに変更となったK-1の横浜武道館大会と異例の同日開催ということでさらに注目度も高まり、チケットは完売で当日券も販売なし。試合の模様はK-1の大会から続けて、ABEMAにて生配信される。

 メインイベントの第8試合でKrushスーパー・ライト級タイトルマッチを戦う王者・佐々木大蔵と挑戦者・平山迅は揃って計量をパス。タイトルマッチの調印式と記者会見に臨んだ。ライト級に続いて2階級制覇を果たしている王者・佐々木はこれが2度目の防衛戦。自身もKrush・K-1を通じて現在6連勝中と絶好調だ。対する平山は上京してシルバーウルフに移籍し、階級もウェルター級から下げてタイトルマッチにたどり着いた。

 Krush Evangelistの石川直生さんは「『リングの上でアートを描く』の次に『脱・安定』というテーマを掲げているチャンピオンの佐々木選手。自らの世界観を言語化できるということが、佐々木選手の個性の一つ」と王者を評価。一方の平山にも「シルバーウルフに移籍後、これまでの真っ向勝負のファイトスタイルに加えて、一戦ごとに技術の冴えをしっかり証明して、明日のタイトルマッチにたどり着いてくれました」とその実績を称えた上で「目の前の対戦相手を自らの世界観に引きずり込む、奥深い佐々木選手の勝利の方程式が平山選手にも通用するのか。これまでの自分の殻を打ち破ることに成功した選手に勝利の女神が微笑むという、精神論的な部分も大きく作用するのでは」と、見どころを語った。

 挑戦者の平山は「今、メチャクチャ平常心で調子もよくて、明日リングに上がる時にそのピークを迎えて試合に挑みたいと思います。しっかり準備してきました」と落ち着いた様子。「自分が準備してきたことをしっかりリングで出せれば、俺は間違いなく勝つと思ってます」と自信を覗かせた。

 一方の王者・佐々木は「平山選手という相手が決まって、常にそこを考え、自分を高めながら、自分流で言うと“下描き準備”は最大限できたかなという思いがあるので、明日はそこに色づけをしていきたい」と、独特の表現で意気込みを語る。また「ボクシングジムに行き始めて、格闘技を始めて19年でまだこんな技があるのかと」と、新たな練習にも挑んだ成果を見せることをアピール。

 この試合はK-1・Krushが初の同日開催となる「5・30」の大トリの試合となる。そこについて問われると、平山は「K-1にもアピールできますし、Krushのメインイベントとしての盛り上がりもしっかり魅せられると思うので、俺はすごくよかったなと思います」、佐々木は「お客さんにとってひとりでも多くの方に、この日のメインはこの平山選手と僕の試合だったと言ってもらえるような時間を表現したい」と、意欲を示した。

 K-1・Krush同日開催という記念すべき初の試みの最後を飾るこの試合がどういう展開になるのか、またベルトの行方はどうなるのか? その答えは明日、後楽園ホールのリングで出る!

平山迅
「今、メチャクチャ平常心で調子もよくて、明日リングに上がる時にしっかりそのピークを迎えて試合に挑みたいと思います。しっかり準備してきました。応援よろしくお願いします。(タイトルマッチに臨む心境は?)タイトルやから気合い入るとか、そういうのは自分もなくて、相手が実績のある佐々木選手ということで、勝てばベルトがついてくるという感じですかね。自分は一戦一戦、かなり気合いが入ってる方なんで、タイトルマッチやからかなり気合いが入ってるというのはそんななくて、常に気合い入ってます。

(盤石の王者を崩すためには何が必要?)必要なことと言うよりも、自分が準備してきたことをしっかりリングで出せれば、俺は間違いなく勝つと思ってますし、それだけの準備はシルバーウルフ・大宮司代表をはじめ、シルバーウルフの皆さんに支えられて、しっかりここまでやってきたんで、それをしっかり出せばというところです。あと佐々木選手みたいに、俺は技術もないですし、うまさもキャリアもホンマにそこまでないと思ってて。だから俺が勝つんですけど、その中で俺がやらなアカンことをしっかり出せれば、自然に俺が勝つ流れになると思います。

(K-1と同日開催の大トリだが、どんな試合を?)K-1がこういう形になって、自分たちが最終的なメインを張るということになってるんですけど、K-1にもアピールできますしね。Krushのメインイベントとしての盛り上がりもしっかり魅せられると思うので、俺はすごくよかったなと思います。K-1のスタッフ、自分らの陣営のセコンドの方たちにもすごく感謝してます。(チャンピオンに一番何をぶつけたい?)俺がK-1、Krush一本でやってきたというところですね。それしかないです」

佐々木大蔵
「とても楽しみですね。ホントにその一言に尽きる思いです。(タイトルマッチに臨む心境は?)タイトルマッチだからどう準備してくるということではなくて、平山選手という相手が決まって、常にそこを考えながら、そして自分を高めながら、自分流で言うと下描き準備は最大限できたかなという思いがあるので、明日はそこに色づけをしていきたいなと思ってますね。

(殻を破るために、どういう準備を?)公開練習でも話させてもらったように、ボクシングジムに行き始めて。僕は格闘技を始めて19年目になるんですけど、19年目にしてこんな技がまだあるのかと。そういった面でまだまだだなというのがあるので、年齢もキャリアもだいぶ上になってきたかなというところで、まだまだ伸び代があるのを感じる部分があるので。明日がどうなるかということがすごく楽しみですね、その準備ができてきたというところに関しては。

(K-1と同日開催の大トリだが、どんな試合を?)同日開催ということですごくうれしいですし、形的にはその日の最後ということになりましたけど、お客さんにとってひとりでも多くの方に、メインはこの平山選手と僕の試合だったと言ってもらえるような時間というものを平山選手とリング上で表現できればいいなと思ってるので、結果的にそうなれば一番いいなと思ってますね。

(平山の思いを受けて?)僕なりにですけど、平山選手の覚悟はすごく感じているので、そこに引けを取らないように、必死には必死でぶつかり合いたいと思ってますね」

 

選手登録