2021.05.27

 5月30日(日)東京・後楽園ホール「Krush.125」の[Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]王者・佐々木大蔵vs挑戦者・平山迅。両者と対戦経験のある不可思にこの一戦について訊いた。

「佐々木選手は相手の嫌なことをする、こちらの攻撃のタイミングをずらす上手さがあります。平山選手は身体の強さと力強い攻撃が持ち味で、相性的には佐々木選手の方がいいと思います。佐々木選手は平山選手と正面からぶつかることなく、上手く戦ってポイントを取っていくと思います。あと佐々木選手はこの試合に向けてボクシングの練習を始めていて、実は佐々木選手がボクシングを教わっている荒川仁人さんとは僕も練習させてもらったことがあるんです。そういうところでも佐々木選手がどんなものを得ているのか楽しみです。

(佐々木の強さはどこに感じた?)いざ試合で向かい合うと嫌というか…独特の空気感がある。言葉で表すのは難しいんですけど。パンチが強いとかテクニックがあるだけじゃなくて試合の流れ・リズムを自分の方に持っていくのが上手いです。(平山はどう戦えばいい?)僕だったら変に佐々木選手に合わせずに、思いっきり自分のスタイルをぶつけます。佐々木選手と駆け引きするのではなくガンガンいく。そっちの方が佐々木選手も嫌だろうし、逆に佐々木選手のことを意識しすぎて(駆け引きに)乗っちゃうと、佐々木選手はやりやすいと思います。
(7月K-1福岡大会の復帰戦に向けて)山崎秀晃戦はああいう結果になってしまいましたが、自分のやるべきことをやれば、もっと違う試合になっていたという自信があります。そのくらい自分が練習していること・作っていることには手応えを感じているので、それを次の試合で見せられるのが楽しみです。ファンのみなさんもそこを楽しみにしていてください」

 

選手登録