2021.05.17

 5月30日(日)東京・後楽園ホール「Krush.125」の[Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で晃貴と対戦する黒田勇斗のインタビューを公開!

――1月のKrush後楽園大会では小倉尚也選手と対戦し、持ち味を出す場面もありましたが判定負けという結果でした。まずはあの試合を振り返ってもらえますか?

「自分のペースや距離感で試合ができなくて、フィジカル的にも相手の方が上やなと感じました。ただフィジカルトレーニングはずっと継続していて、最近は成果も感じているので、次の試合で相手が中に入ってきても自分の距離に持っていけるように戦えると思います」

――以前からフィジカル強化が必要だと思っていたのですあK?

「そうですね。ずっと(フィジカルは)課題やなと思っていた。でも今は練習でトレーニングの成果が出ていて、スパーリングでもパンチを効かせたり、押し負けないようになったり、自分の理想の動きに近づいています。次の試合でもそれを発揮できると思います」

――対戦相手の晃貴選手の印象は?

「気持ちが強くてパンチ主体で前に出る、でも蹴りも強くて、なんでもできる印象があります。そのなかでも特にパンチには注意したいです」

――晃貴選手と対戦経験のある黒田斗真選手からアドバイスはありましたか?

「弟からも晃貴選手の話を聞いていて、色々と作戦や戦略も考えています」

――今回は元Krush王者の晃貴選手との対戦ですが、そこについては考えていますか?

「燃えますね。僕が目指しているのはKrushのベルトでもあるので、チャンピオンになっている選手に勝てばトップ戦線に食い込めると思っています」

――前回の負けを踏まえて、どんな試合を見せたいですか?

「ここで勝たないと前に負けた意味がないと思っているので同じ失敗は二度と繰り返さない。内容にもこだわって、もちろんKOで勝ちたいと思います」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「同じ大会でスーパー・バンタム級の試合が何試合かあると思うんですけど、僕がその中でも一番面白くて、レベルの高い試合をします」

 

選手登録