2021.05.21

 5月20日(金)都内にて、7月24日(土)東京・後楽園ホール「Krush.127」の第一弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 今大会では第2代Krushクルーザー級王座決定トーナメントを行なうことが決定。全4選手が参加し、ワンデートーナメントによって初代王者K-Jeeが返上したベルトを争う。準決勝の対戦カードは杉本仁vs谷川聖哉、RUIvsサッタリ・ウィラサクレックの2カード。リザーブファイトとして工藤勇樹vs中平卓見も決定している。

 2019年に行われた初代Krushクルーザー級王座決定トーナメントにも出場し、K-Jeeに準決勝で敗れている杉本は、その試合を最後にしばらくリングから遠ざかっていたが、昨年の9.22K-1大阪大会で復帰。Krushクルーザー級王座に挑戦経験のある加藤久輝に勝利し、復活の狼煙を上げていた。今回もまた試合間隔が空いたが、その間「前回の試合でも悪かった部分があったんでそこと、フィジカル面でも全体的に上げていってます」と自身のブラッシュアップに取り組んだ。

 会見に同席した中村拓己プロデューサーからも、「実績的にはベルトに一番近い選手だと思う」と評された通り、2018年に開催されたK-1の初代クルーザー級王座決定トーナメントでも3位の実績を持つ。「この4人の中では一番実績とトーナメントの経験もあると思うので、ここは自分が獲りたいと思います」と、悲願のベルト奪取に向けて意気込んでいた。

 この杉本と対するのは昨年からK-1 JAPAN GROUPに参戦している谷川だ。先日の3.21「K’FESTA.4 Day.1」では今回のトーナメントにも出場しているRUIに勝利。勢いに乗って、初めてベルトに絡む試合に挑む。元横綱の貴乃花似ということが話題になっている谷川だが、この日も「K-1の横綱・谷川聖哉です」と挨拶。「ここがゴールではないので、しっかりベルトを獲って、次のステップにドンドンドンドン突き進んでいきたいので、ここをしっかり獲りたいと思います」と、Krushのベルトのみならず、その先も見据えているようだった。

「2日間で7試合とか、世界大会では3日間で8試合とか、相手ももちろん無差別なんで、体重制限がないところで僕はずっと試合をしてきた」と、空手時代にトーナメントの経験は抱負。「僕は尻上がりにドンドン上がっていくので、そのへんをちょっと期待してもらえたらなと思っています」と自信たっぷりだ。「人生を懸けて、このトーナメントに挑みたいと思います」と、早くも訪れたチャンスに全身全霊で挑むことを宣言した。

 もう一つのブロックには初代王座決定トーナメントの決勝戦でK-Jeeに敗れて王座奪取を逃しているRUIがエントリーされた。「このベルトに関しては一番想いが強いのは俺だと思っています」と厳しい表情で語ったRUI。同郷・同門のK-Jeeが自身を破ってKrush王者になった後は、K-1クルーザー級王者になる姿も見た。

 現在は拠点をK-Jeeと同じK-1ジム福岡に移して活動しているが「目の前でこのベルトを相手に巻かれて、やっぱ凄い悔しい想いもしましたし、一番じゃないと2位でも3位でも意味がないことで、過去の栄光にすがったところで前には進めないですからね。そしてこのKrushのベルトを巻いて、もっと夢に向かって突き進んでいきたいですね」と、今度こそという想いが強い。

 7月24日は自身の誕生日。「誰がどう見てもRUIは一回戦で終わるだろうと捉えている人も少なくないと思います。その絶対的に不利な状況で、不安がられている状況で、この2カ月間、RUIがどういうふうに練習して、どういうふうに強敵に挑んで勝ち上がってベルトを巻くか、そういうストーリーも楽しんでいただければと思います」と下馬評を覆しての王座戴冠に燃えている。

 そのRUIの一回戦の相手が、今回の優勝候補との呼び声も高いサッタリ・ウィラサクレックだ。昨年からK-1 JAPAN GROUPに参戦しているイラン出身のサッタリは、ここまで谷川、加藤とクルーザー級戦線のトップファイターに2連続KO勝利。

 対戦相手のRUIも「今K-1JAPAN GROUP重量級の中でもスピードのある谷川聖哉選手を倒して、一番パワーのある加藤久輝選手もKOで倒して、パワーとスピードに溢れた選手だと捉えています。そして、よくSNSでも流れてくるんですけど、身体能力が非常に高くて、ぶっちぎりの優勝候補じゃないかと」と評すほどだ。

 サッタリ本人も、「自分のためにもK-1のベルトを狙うためにもいいスタートだと思っている」とベルトを獲る気は満々。「日本にやってきたのはプロとしてのキャリアをより大きくしていくため。そのためにもこのベルトを獲ることは自分にとって、とても重要だと思う」と、さらなるステップアップを見据えてベルト奪取を誓っていた。

杉本仁
「今回はKrushクルーザー級の2代目というか、Krushのクルーザー級トーナメントは2回目なんですけども、前回獲れなかったっていうのもあって、この4人の中では一番実績とトーナメントの経験もあると思うので、ここは自分が獲りたいと思います。(一回戦の相手の印象は?)谷川選手はパンチも蹴りもバランス良くて、最近の試合でもパンチで倒したり、本当に若くて勢いのある選手だなと思っています。

(自分が勝ち上がったとして、決勝戦で対戦したい相手、もしくは上がってくるだろうなと予想する選手は?)サッタリ選手は今一番勢いがあって、本当に強いと思うので、自分でも楽しみというか、やってみたいなとは思います。(Krushのベルトへの想いは?)前回のトーナメントでも負けてるので、2度目の挑戦というか、それはしっかり獲りたいなと思っています。

(前回試合の間隔が空いた時に自分を作り直すと言っていたが、今回も空いた時間を利用して自分をブラッシュアップする作業をしていた?)そうですね。前回の試合でも悪かった部分があったんでそこと、フィジカル面でも全体的に上げていってます。(ファンの皆さんへのメッセージは?)このトーナメントはいいメンバーも揃ってますし、激しい試合にもなると思うので、是非楽しみにしていてください」

谷川聖哉
「押忍! K-1の横綱・谷川聖哉です。まだK-1 JAPAN GROUPに参戦して日が経ってない僕を選んでくれてありがとうございます。やっぱりここがゴールではないので、しっかりベルトを獲って、次のステップにドンドンドンドン突き進んでいきたいので、ここをしっかり獲りたいと思います。

(一回戦の相手の印象は?)なんでもできて、凄くバランスがいい選手だなというのと、前回の加藤久輝選手戦を見たんですけど、気持ちも強くてなかなか一回戦からタフな試合になるような気がしています。ただ、トーナメントは絶対的に僕のほうが慣れているので、そこは自信があります。(自分が勝ち上がったとして、決勝戦で対戦したい相手、もしくは上がってくるだろうなと予想する選手は?)どっちが来ても僕はいいかなって思っているんですけど、多分どうですかね? 何があるのかわからないのが重量級だと思うので、どっちの対策もしたいと思います。

(Krushのベルトへの想いは?)自分はベルトに絡ませていただくのが初めてなんですけど、KRESTには偉大な先輩がたくさんいて、ベルトを獲る人は一発で獲れると思うので、自分が持っているか持ってないかも試されると思っていますし、一つの目標っていう感じです。

(トーナメントに自信があるとのことだが、空手の経験で勝ち方を熟知しているから?)空手の大会なんですけど、2日間で7試合とか世界大会では3日間で8試合とか、相手ももちろん無差別なんで、体重制限がないところで僕はずっと試合をしてきたので。自分の悪いところでもあるんですけど、尻上がりにドンドン上がっていくので、そのへんをちょっと期待してもらえたらなと思っています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)あと2カ月ぐらい人生を懸けて、このトーナメントに挑みたいと思いますし、こんな状況の中、僕をサポートしてくださる人がたくさん増えてきて、ファンの方も増えてきて、ここで獲るの獲らないとだと、今後が変わってくると思うので、全身全霊で練習に取り組んで、7月24日はベルトを獲りに行きたいと思うので、応援よろしくお願いします」

RUI
「前回、3月から時間が経って、今回復帰戦でこのようなトーナメントを組んでいただき、ありがとうございます。一回戦からいきなり優勝候補。この一回戦が事実上の決勝戦だと自分は思っています。これを勝てば波に乗れると思うので、第2代のクルーザー級のベルトは俺が掴みます。(一回戦の相手の印象は?)サッタリ選手、今K-1JAPAN GROUP重量級の中でもスピードのある谷川聖哉選手を倒して、一番パワーのある加藤久輝選手もKOで倒して、パワーとスピードに溢れた選手だなと捉えています。

 そして、よくSNSでも流れてくるんですけど、身体能力が非常に高くて、ぶっちぎりの優勝候補じゃないかと。前回、クルーザー級の初代王座決定トーナメントでも一回戦から僕に優勝候補をぶつけてきてるんで、今回も自分の持ち味を生かして、サッタリ選手を攻略して決勝に駒を進めたいなと、そういう感じですね。

(自分が勝ち上がったとして、決勝戦で対戦したい相手、もしくは上がってくるだろうなと予想する選手は?)まあ、正直、準決勝そこだけを見てますね。谷川選手も杉本選手も対戦経験はあって、どっちもやってみたい……まあ決勝でやるとなると何年か前にやって負けてる杉本選手とやりたいなと。そんな感じです。

(Krushのベルトへの想いは?)このベルトに関しては一番想いが強いのは俺だと思っています。前回、目の前でこのベルトを相手に巻かれて、やっぱ凄い悔しい想いもしましたし、一番じゃないと2位でも3位でも意味がないことで、過去の栄光にすがったところで前には進めないですからね。そしてこのKrushのベルトを巻いて、もっと夢に向かって突き進んでいきたいですね。今、この重量級だけじゃなくて、K-1も含めKrushでも各階級トーナメントが盛り上がってきてます。その中でも重量級の違いを見せて、4選手がぶつかり合えば自ずとそういう結果も生まれてくるし、そういう意味でも重量級が試されているトーナメントなのかなとも思っています。

(前回の敗戦を振り返ってどう思う? 今回はよりこのトーナメントに懸ける想いは強いか?)前回の試合は全く自分の良さが出せず負けたかなという印象ですね。それだけ谷川選手が巧くて強くて、とてもやりづらかったと捉えています。今回のトーナメントのベルトに関して、先輩のK-Jeeが巻いていたベルト。それを返上したことによって組まれたトーナメントなんで、このベルトが元々あった場所は福岡なんで、福岡から出すわけにはいかないと。2代目として必ず腰に巻きたいですね。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)7月24日は余談ですけど、この日は自分の誕生日でもあります。この日に誕生日プレゼントを自分に渡すというか、それぐらい想いも気持ちも込めてリングに上がります。そして、一回戦から強敵、サッタリ選手。誰がどう見てもRUIは一回戦で終わるだろうと捉えている人も少なくないと思います。その絶対的に不利な状況で、不安がられている状況で、この2カ月間、RUIがどういうふうに練習して、どういうふうに強敵に挑んで勝ち上がってベルトを巻くか、そういうストーリーも楽しんでいただければと思いますし、絶対的に厳しい状況の中で、自分が頑張ることで見ている人、いろんな人に力、パワーを与えられる、そういうことができるのが、プロ選手だという想いもあります。7月24日は下馬評を覆しに行きますので、皆さん注目をよろしくお願いします」

サッタリ・ウィラサクレック
「皆さん、こんにちは。またこの場に戻ってくることができて本当に嬉しく思っている。自分はより強くなるために毎日練習を積み重ねている。そして、今回このようなトーナメントに参加することができて、本当に嬉しい。これは自分のためにもK-1のベルトを狙うためにもいいスタートだと思っている。(一回戦の相手の印象は?)自分の対戦相手は前回負けているとはいえ、みんな強くなるために日々トレーニングを積んできている選手だ。それは自分自身も同じで、このトーナメントに勝つために練習を積んでいるので、相手が誰であろうと勝って、このトーナメントに優勝したいと思う。

(自分が勝ち上がったとして、決勝戦で対戦したい相手、もしくは上がってくるだろうなと予想する選手は?)実際誰が決勝に上がってくるか予想はしづらい。誰が上がってこようが自分は対戦相手をぶちのめすということだけに集中して練習しているので、そこは変わらない。ただ、リングの中は何が起こるかわからないので、そこは自分も楽しみにしている。(Krushのベルトへの想いは?)Krushのベルトは自分の格闘技のキャリアの中でもとても大事な存在だと思っている。もともと日本にやってきたのはプロとしてのキャリアをより大きくしていくためだ。そのキャリアを大きくするためにもこのベルトを獲ることは自分にとってとても重要だと思う。

(過去にトーナメントの経験はある? また、1日2試合することへの不安は?)以前、8人トーナメントに出場して、1日3試合を経験することがあった。今回のトーナメントに対して、気持ちの上で問題はないし、選手を見てもとてもいいトーナメントになるんじゃないかなと思っている。その中で自分自身、ベストを尽くして、皆さんにいいパフォーマンスを見せたい。(ファンの皆さんへのメッセージは?)まず自分としてはK-1、ファンの皆さん、ジムのみんな、いつもサポートしてくれる皆さんに本当にありがとうと申し上げたい。(日本語で)誰でも大丈夫です。応援して。お願いします。押忍!」

 

選手登録