2021.05.19

 5月30日(日)神奈川・横浜武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」(※5.23大田区から延期・変更)。

 過去K-1で行われたワンデートーナメントの優勝者が平均年齢20.75歳という新世代ファイターが集まる「バンタム級日本最強決定トーナメント」について語る特別企画。第1弾は2018年12月にライト級世界最強決定トーナメントを制した林健太だ。

林健太
「(トーナメントの優勝予想は)橋本実生ですね。KRESTで一緒に練習することもあるし、フィジカルも同じところでやってるし、期待の意味も込めて優勝してほしいと思います。デビューして連敗して、戦績はつまずいたところもありましたけど、練習とか見てるとホンマに根性あるなあと思うんですよ。俺は根性と気合いだけでトーナメント優勝したみたいな感じですけど(笑)、この世界はすべて気合いなんで。その気合いを持ってる実生は戦績とか関係なしにいくんじゃないかと思いますね。
 逆ブロックから決勝に勝ち上がってくるのは松本日向くんじゃないですか。松本くんとは一回プライベートで一緒になったことがあるんですけど、メチャメチャええ子やったんですよ! 『こんなにええ子おるんや!』っていうぐらいええ子やったんで(笑)、松本くんにも頑張ってほしいですね。実生と松本くんはライバル関係みたいな感じやないですか。これで決勝で当たったら面白いですよね。で、実生は松本くんに2回負けとるんですよね? 2回負けてもここで勝てば、実生の方が輝けると思うし、この2人に頑張ってほしいですね。

(バンタム級トーナメントに期待するものは?)階級関係なしに、気合いと気合いがぶつかる瞬間、気持ちと気持ちがぶつかる瞬間は、一番会場が沸くじゃないですか。『体重が軽いからKOが少ない』とか、そんなん関係なしに気合いと気合いでぶつかったら、上の階級にも負けへんぐらい盛り上がるんちゃうかなと思いますね」

 

選手登録