2021.05.18

 5月18日(火)都内にて、7月17日(土)に福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第1弾カード発表記者会見が行なわれた。

 今年3月の「K'FESTA.4 Day.2」日本武道館大会後、新たにK-1にスーパー・ヘビー級が新設されたが、今回の福岡大会から早速初戦が組まれることになった。それが実方宏介vs丸山公豊(なおと)のK-1スーパー・ヘビー級スーパーファイトだ。

 実方は第2代Bigbangヘビー級王者として活躍する実力者で「K'FESTA.4 Day.2」でK-1 JAPAN GROUP初参戦。プロボクシングから復帰してきた京太郎にKO負けを喫してしまったが、捲土重来を期して2度目のK-1参戦を果たす。

 対戦相手の丸山は熊本県八代市出身のファイターで、11戦11勝(7KO)と未だ無敗の男だ。「激突」、「KPKB」という二つの団体でヘビー級チャンピオンに君臨しており、“九州最強の重量級戦士”という呼び声も高い。今回は会見を欠席したが、「俺のパンチで実方選手がマットに沈む姿を楽しみにしてください」という強気なコメントを寄せている。

 栄えあるスーパー・ヘビー級のスタートに選ばれた実方は「相手も無敗のチャンピオンなんで、相手の地元で初黒星をつけてやろうと思っています」と鼻息荒く意気込みをコメント。K-1デビュー戦に関しては、「やっぱり京太郎選手の実力を感じて、差を感じてしまいました」とのことだが、「呼んでいただいたからには、今回しっかり結果を残さないといけない」と、K-1という大舞台でのリベンジに燃えている。

 対戦相手の丸山については、「本当にパワーがある選手だなと思っているんですけど、振ってくる選手なんであんまり当たらないかなと思います」と評した実方。丸山の「俺のパンチで実方選手がマットに沈む姿を楽しみにしてください」というコメントを聞くと、「K-1のリングでは二度とマットに沈みたくないんで、逆に初黒星で恥をかかないようにちゃんと練習してきてください」と、こちらも強気な発言で切り返していた。

実方宏介
「K’FESTAで負けてしまったんですけど、また九州大会に呼んでいただいてありがとうございます。呼んでいただいたからには、今回しっかり結果を残さないといけないと思っているんで、相手も無敗のチャンピオンなんで、相手の地元で初黒星をつけてやろうと思っています。(3月のK-1デビュー戦を振り返って?)1R戦ってて、行けるかなと思ったんですけど、調子も良かったんで。やっぱり京太郎選手の実力を感じて、差を感じてしまいました。(K-1ルールに向けての練習は?)普段から僕はBigbangという団体でやらせてもらってて、BigbangもK-1に近いルールなんで、そのルールに関しては全く問題ないですね。

(対戦相手の印象は?)映像がそんななかったので、1分ないぐらいの動画を見させてもらったんですけど、本当にパワーがある選手だなと思っているんですけど、振ってくる選手なんであんまり当たらないかなと思います。(丸山選手の『マットに沈む姿を楽しみにしてください』というコメントについては?)K-1のリングでは二度とマットに沈みたくないんで、逆に初黒星で恥をかかないようにちゃんと練習してきてください」

丸山公豊(会見欠席につき代読)
「本日は会見に出席できず大変申し訳ありません。今回K-1九州大会で試合が決定して、モチベーションがかなり上がっています。K-1初参戦で緊張もありますが、実方選手という実力者と戦えることを楽しみにしています。当日はスーパーヘビー級らしいド派手な試合をします。俺のパンチで実方選手がマットに沈む姿を楽しみにしてください」

 

選手登録