2021.04.22

 4月23日(金)東京・後楽園ホール「Krush.124」の[第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R]真優vs壽美。両者と対戦経験のある現K-1女子フライ級王者KANAにこの一戦について訊いた。

――今大会で行われる真優vs壽美の女子フライ級王座決定トーナメント決勝について、両選手と対戦経験があるKANA選手にお話をお伺いしたいと思います。真優選手とは2019年8月のK-1大阪大会で対戦して、判定勝利していますが、どんな印象を持っていますか?

「めちゃくちゃ気持ちが強くて、気持ちを前面に出して戦うタイプだと思いました。その後の試合を見ても気持ちが前に出ていたし、今は勢いもあると思います」

――壽美選手とは昨年11月のK-1福岡大会で対戦して、KANA選手が敗れています。あの時は怪我もあったなかでの試合でしたが、壽美選手と戦っていかがでしたか?

「まずあの時はあれが自分の実力だったと思います。実際もし怪我がなくて万全な状態だったとしても同じ結果だったかもしれないと思っていて。そのくらい自分のことを研究・対策されていて、それを試合で遂行した壽選手の方が自分よりも上だったと思います。壽美選手は相手に応じて考えながら戦うタイプで、前回の試合を見てもさらにレベルアップしているなと思いました」

――では気持ちで戦う真優vs考えて戦う壽美という図式になる、と。

「2人は一回戦っていて(2019年12月K-1名古屋大会、壽美が判定勝利)手の内は分かっていると思いますが、お互いレベルが上がっているので、まっさらな状態での試合だと思います。この試合は自分も会場で見ようと思っています」

――それではこの試合の予想とどちらに勝ってほしいかの希望を教えてください。

「予想は壽美選手の判定勝ちかなと思います。希望はやっぱり壽美選手に完封してほしいですね。自分は壽美選手に負けているし、自分に勝った相手がここで負けてもらったら困るなと。Krushチャンピオンになってもらって、Krush王者の壽美選手にリベンジしたいという思いがあります」

――ありがとうございます。KANA選手の怪我の状況はいかがでしょうか?

「11月の試合で足を怪我していたのですが、足以外は動かせたので、上半身を使った練習は続けていました。年が明けてから徐々に実践的な練習を再開して、パンチのスパーリング、蹴りありのスパーリングもちょっとずつ始めたところです。夏以降に試合はしたいと思いますし、K-1の女子も盛り上がっているので、早くみなさんに元気な姿を見せたいです!」

 

選手登録