2021.04.17

 4月17日(土)都内にて、5月23日(日)に東京・大田区総合体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第一弾カード発表記者会見が行なわれた。

 会見冒頭では中村拓己K-1プロデューサーが、「原点回帰」、「ワンデートーナメント復活」、「未来のスターの青田買い」という3つの大会コンセプトを発表。

 3.28「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会のメインイベントではエースとしてK-1を引っ張ってきたチャンピオンの武尊と、Krushから一つずつ実績を積み上げ、最強の挑戦者となったレオナ・ペタスがタイトルマッチで激突。武尊の劇的なKO勝利で終わったが、K-1の歴史に残るような素晴らしい試合を見せたことで、「我々にとっても、一ついい意味で旗揚げからやってきたことの形になったと思いますし、区切りがついたと思いました。そういった意味ではこの大田区大会は新たなスタートとなると思います」と、この大田区大会を「原点回帰」の大会と位置づけた。

 そして、この大会ではK-1ならではの醍醐味であった「ワンデートーナメント」を復活させる。コロナ禍で海外から選手が呼べない状況が続いたことで、ワンデートーナメントも開催することができなかったが、1年2カ月ぶりに開催。それが今回発表されたK-1バンタム級日本最強決定トーナメントだ。

 既に組み合わせも決定しており、トーナメント一回戦の第1試合が橋本実生vs大村修輝、第2試合が壬生狼一輝vs野田蒼、第3試合が松本日向vs鵜澤悠也、第4試合が黒田斗真vs池田幸司となっている。「未来のスターの青田買い」という3つめのコンセプト通り、平均年齢20.75歳という若い日本人8選手たちが覇を争うことになった。

 また、中村プロデューサーが「K-1の中心になっていくポテンシャルを持っている選手」と期待を寄せるこの8選手は、全員がK-1のアマチュア大会に出場して実績を残してきたという共通点もある。アマチュア大会を開催し続け、選手の発掘に力を注いできた中村プロデューサーも、「意義のあることだと思っています」と感慨深げに語るトーナメントとなった。

 トーナメント第2試合には3.27「Krush.123」でKrushバンタム級王者であり、中村プロデューサーからも「優勝候補の大本命」と評された壬生狼が登場。記者会見では常に趣向を凝らした格好とコメントで周囲を笑わせ、プロレスラー大仁田厚さんのモノマネでも知られている壬生狼。この日は地元・福岡の博多祇園山笠にちなんだハッピ・ねじり鉢巻・地下足袋・ふんどしという姿で現れた壬生狼は、いつもの大仁田スタイルで「今日は壬生狼祭り発表にご出席いただき、誠に誠に誠にありがとうございます」と挨拶。「オイ、野田蒼! いや大阪のエマニエル坊や! いいか? 前の俺とは全然違うぞ! ボッて、ボッて、ボテ繰り回したるからなーッ!」と、かつてK-1甲子園で敗れた野田に対して、早速リベンジをぶち上げた。

 Krushで王座を獲得したリング上ではK-1のバンタム級王座創設を熱望していたが、その発言が今回の日本最強決定トーメント開催につながったとの見方もある。だが、本人は「一人ひとりが主役で、一人ひとりのストーリーを作って、この大会をこの8人全員でしっかりと盛り上げていこうと思うとる。これからは俺たちの時代だーッ!」と意外にも謙虚な発言。長州力の「俺たちの時代」発言をパクりつつ、全員でトーナメントを盛り上げることを誓っていた。

 一方の野田はこの壬生狼のキャラクターに、「会見前から怖くて怖くて、考えてきたこととかも全部飛んじゃって」と苦笑い。同じジムの先輩の椿原龍矢もK-1甲子園優勝者で、先日の3.21「K’FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会で、江川を破ってK-1王者となったこともあり、弟分としてその快挙に続くことが期待される。「僕KOしたことがないんですけど、今回一回戦はめちゃくちゃ打たれ強くて巧い壬生狼選手なので、技術で完封しようかなと思っています」と、持ち前の技術力で頂点を目指す。

野田蒼
「押忍! 月心会チーム侍の野田蒼です。日本人トーナメントを昔から見てて、めっちゃ好きで、オファーが来た時はめっちゃ嬉しかったです。けど、一回戦が優勝候補大本命だということで、下剋上をかまして優勝したいなと思っています。(トーナメントのオファーを受けた時の感想とアピールしたいところは?)オファーを受けた時はもうめちゃくちゃ嬉しくて、ホンマに。けど、メンバー見てもみんな強いと思うんですけどボコボコにしたいなと思っていて。アピールしたいところは、まだ僕KOしたことがないんですけど、今回一回戦はめちゃくちゃ打たれ強くて巧い壬生狼選手なので、技術で完封しようかなと思っています。(壬生狼選手のキャラクターについては?)会見前から怖くて怖くて、考えてきたこととかも全部飛んじゃって。でも、凄い好きです、あのキャラは(笑)」

壬生狼一輝
「よーいやっさーの、やる気! 元気! 一輝! オイ、オイ、オイ、皆さん、今日は壬生狼祭り発表にご出席いただき、誠に誠に誠にありがとうございます。オイ、野田蒼! いや大阪のエマニエル坊や! いいか? 前の俺とは全然違うぞ! ボッて、ボッて、ボテ繰り回したるからなーッ!(トーナメントのオファーを受けた時の感想とアピールしたいところは?)オイ、オイ、この大会、技術云々じゃなくて、ワシは男一人として、しっかりと自分の生き様を見せて戦う。(アピールも以上でOK?)アピールは生き様を見せることじゃ!

(オファーを受けた時の感想は?)そうじゃのう、ただ単に金が欲しい。優勝賞金をしっかりと獲って、畑でもやる。(この前のKrushのリング上でのアピールがあって、それがトーナメントの開催につながったのかなとも思うが、自分がこの道を切り開いたという自覚ある?)そうじゃのう。確かにワシが言ってできたこのトーナメント。じゃがのう、ここにいるバンタム級のこの8人、この役者がしっかり揃ってできた大会だと、俺は思うとる。じゃから、今回、この大会、一人ひとりが主役で、一人ひとりのストーリーを作って、この大会をこの8人全員でしっかりと盛り上げていこうと思うとる。これからは俺たちの時代じゃ!」

 

選手登録