2021.04.16

 4月16日(金)、都内にて記者会見が行われ、5月30日(日)後楽園ホールで開催される「Krush.125」の追加対戦カードが発表された。

 スーパー・バンタム級で晃貴vs黒田勇斗の一戦が決まった。晃貴は第4代Krushバンタム級王者で、現在はスーパー・バンタム級に転向。2月のKrush後楽園大会では昨年のK-1甲子園王者の野田蒼選手にKO勝利を収めた。

 対する黒田は1月のKrush後楽園大会で小倉尚也に敗れはしたものの、随所に持ち味を発揮。会見に同席した中村拓己K-1プロデューサーも「あれから時間も経ち、いろんな修正もしてきてるはず。1つのきっかけがあればまた勝っていけるポテンシャルを持っている」とコメント。スーパー・バンタム級の次期挑戦者争いが激しさを増している中で注目の対戦となった。

「今年1発目の試合を落としてしまったのに、前回KO勝ちしてる晃貴選手と試合を組んで貰えて感謝しています。去年、弟(黒田斗真)が晃貴選手と試合してやられてるんで、兄として僕がしっかりやり返さないとあかんな、って思ってます」と黒田。1月の小倉戦では、負けはしたものの収穫が多かったという。

「試合でいろんな気づいたことがあって。その中でも自分のスタイルの確立というか、今まで相手に合わせてた部分がありましたけど、今はどんな相手が来ても自分の型、スタイルに落とし込むというか。誰が来ても倒せる練習をしてきました」

 晃貴についての印象は「気持ちが強い」。そのうえで「全体的に何でも出来る印象なんですけど、その中でもパンチとローが強いイメージがあります。あとカーフキックには気をつけたいと思います。(晃貴選手と対戦した弟さんから情報は?)はい、色々と聞いてます。ここでは言えないですけど」と続ける。

 黒田にとってKrushの元王者、晃貴との対戦は、実力をアピールするチャンスで「自分のペースで、晃貴選手の得意な距離でも嫌がることをし続ける。それで最終的には倒したいと思ってます。(タイトル争いについては)先を見てる余裕はないんで、いい勝ち方、KOで勝ちたいと思ってます」と語った。

 対する晃貴は「前回勝って、練習もいい環境で出来て、コンディションもいいんで、今回もしっかり倒して、上にいきたいと思います」とコメント。

 前回は久々のKO勝利で「今までは相手を見ずにがむしゃらにやってた感じだったんで、前回はしっかり相手を見て戦えたんで、それがKOにつながったと思ってます。今回も倒して勝ちたいと思ってます」。

 対戦相手の黒田は身長差が目立つ相手で「黒田選手は身長も高いですし、リーチも長いですし、上手い選手、という印象です」と晃貴。ただ、今回は特に気合いが入っている。3月のK‘FESTAで同郷の先輩、武尊のレオナ・ペタスとの壮絶な戦いを見たからだ。

「あれは凄いですよね。(武尊は)尊敬してる先輩なのでさすがです。モチベーションも上がりましたし、自分もこうなりたい、ってずっと思ってるんですけど、さらに思いましたね。自分もああなりたいです」

 そのためにはスーパー・バンタム級王座も獲って、Krush2階級制覇といきたいところだが「先は見てない」ときっぱり。「先を見るより、この試合に賭けてるんで。負けたら終わりだと思ってるんで。しっかりこの試合に集中して、会場を盛り上げてKOで勝ちます」

 最後に、二人はファンへこんなメッセージを残した。黒田が「ここで勝たないと先はない、と思ってるんで。死ぬ気で勝ちます」と言い切れば、晃貴は「自分は毎回言ってるんですけど、しっかりKrushの会場を盛り上げて、相手を倒して勝ちたいと思ってます。応援、よろしくお願いします」と冷静な口調で語った。

 

選手登録