2021.04.05

 4月10日(土)東京・GENスポーツパレス「Krush-EX 2021 vol.2」の[Krushスーパー・フェザー級/3分3R]で対戦する小松貴哉と翁長正吾のコメントを公開!

小松貴哉
「(この試合が決まった時の心境は?)『うわぁ、やっと決まった!』と思いました。(対戦相手の印象は?)筋肉がやばい。あと髪型と眉毛が何故か自分とそっくり。(この試合に向けて)相手の筋肉と身長と顔が似ておる仲間にお願いして、対人練習をたくさん付き合ってもらいました。(どんなKO・勝ち方をしたい?)堀井翼さんにラッキーパンチを教わってるのでラッキーパンチでKOしたい。(これまでの格闘技歴は?)17歳から19歳くらいまで趣味程度で試合に出ながら20歳で上京し、本格的に始めました。(自分のアピールポイントは?)小顔・美脚。(これからの目標は?)勝ち上がっていきます。宜しくお願い致します」

翁長正吾
「(この試合が決まった時の心境は?)しっかり準備していたので、やっと試合が決まってワクワクしました。(対戦相手の印象は?)イケメンですね。(この試合に向けて)倒せるパターンを増やした。(どんなKO・勝ち方をしたい?)観客の印象に残る倒し方します。(これまでの格闘技歴は?)今回がプロデビュー戦で、25歳で格闘技を始めたので格闘技歴は3年ちょいです。3年前の5月にアマチュアデビューしたのが懐かしいです(笑)。それからは環境にも恵まれ、短期間でアマチュア大会の全日本トーナメントで準優勝したり、K-1カレッジに出場して強くなる事が出来ました。(自分のアピールポイントは?)現在薬学部に通っているので、文武両道で頑張ってます。(これからの目標は?)薬剤師免許を取って製薬会社で働きながらK-1 JAPAN GROUPでもトップ戦線に食い込んで戦っていきたいです」

 

選手登録