2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 当初、木村“フィリップ”ミノルとの対戦が決まっていたMIKE JOEは木村の欠場によりでEITOと対戦。スタイリッシュなボクシングテクニックで計3度のダウンを奪って勝利し、試合後には改めて木村戦実現をアピールした。

 すぐあとの第7試合で勝利したアビラル・ヒマラヤン・チーターにも興味を示したMIKE JOEだが「ベルトが欲しい」と自身の野望に力を込めた。

「昨日はとりあえずKOできてよかったです。(試合映像を見て)試合は1回見直したんですけど、ちょっと硬かったかなぁと。最初は上手さを見せた上できっちり沈める感じでいたんですけど、ちょっと硬くなったかなと思います。

(木村との対戦について)本来昨日(試合が)決まっていたと思うんですけど流れて、昨日はKOした直後で少し高ぶっていたのもあって、2月の発表会見でああいうの(木村がMIKE JOEの胸を押しのけた)があったので、あそこまでやったらやりたかったかなと。そういった意味で目の前にカメラを見つけたので、昨日も言ったんですけど、嫌らしい感じでアピールしてみました。

(今後の目標は)もちろんベルトで、ベルトが獲りたくて来たんですけど、あとは見てる人に“よかった”とか“面白かった”と言ってもらえる、印象に残る試合をしたいです。でも一番はベルト。ベルトで新しい階級、自分の期待する階級来るかなと思ったんですけどね(苦笑)。

(アビラル・ヒマラヤン・チーターが次の試合で印象的なKO勝利を見せたが)バタバタしていてまだ見てないんですけど、すごいいいアレだったっていうのは聞いてます。(アビラルと戦ってほしいという声があるが)人伝えに聞いたんですけど、いいですよね。体格も似たような方で、交わったら面白そうだなと。

(その先で木村“フィリップ”ミノルと戦いたい?)戦えれば何でもいいです。とりあえずベルトを目指してるので、それに対して当たる相手はもう誰でもいいです。とりあえずベルトが欲しいです」

 

選手登録