2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 アビラル・ヒマラヤン・チーターはスーパーファイトで小鉄と対戦。1R、アビラルはローで攻め立てると、右ストレートでダウンを奪取。そして、追撃の右ストレートから顔にヒザを突き上げ、戦慄のKO勝利を飾った。

 快心の勝利について、アビラルは「K-1ファンにずっと見せたかったKO勝利を、やっと見せられたんでホッとしてる」と安堵の表情。そして、試合後にマイクで語った木村“フィリップ”ミノルへのリベンジについては、「一回僕もダウン取って、カットで止められたんで。倒すか倒されるかの試合をしてやりたい」とあらためてアピール。「K-1のベルトしか目指してない」と語るアビラルの、今後の巻き返しに期待が高まる。

「昨日、K-1のファンのみなさんにずっと見せたかったKO勝利を、やっと見せられたんでホッとしてます。(試合を振り返って?)昨日、ホテルに戻って何回も自分の試合観たんですけど、やっぱりガードとか下がって、ちょっと。ゆっくり倒しにいこうかなと思ってたけど、動きとか固くなってました

(木村“フィリップ”ミノル選手へのリベンジについては?)前回、試合したとき、ちょっとダメージがあったままで。そのとき、判定で負けちゃったんですけど、ちゃんとケガが治って、フレッシュな状態で試合をしてみたいと思ってます。(今後の目標は?)昨日、リングの上でも言ったんですけど、とりあえずK-1のベルトしか目指してないので。できるだけ早めにほしいですね。

(K-1のリングやルールに慣れてきた?)そうですね。僕が出てるHEATもほぼK-1ルールと同じなんで、全然問題ないので大丈夫ですね。(木村選手とやりたい理由は?)一応、前回の試合でKOだったら別にアレなんですけど、一回僕もダウン取って、カットで止められたんで。倒すか倒されるかの試合をしてやりたいなと思ってます。

(カード発表会見のフォトセッションで、背伸びしてた理由は?)ひさびさに同じくらいの身長の相手との試合で。相手を下にして、自分を上にしようかなと思って、そういう感じです(笑)」

 

選手登録