2021.03.29

 3月29日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2」の一夜明け会見が行われた。

 第10試合で佑典と対戦した横山朋哉はわずか29秒での秒殺KO勝利。K-1 FIGHT WEEKの中でも最短勝利を収めた。

 一夜明け会見で横山は作戦は全く違ったという試合の裏側、そして憧れの存在である武尊との対戦、さらに「最高のコンディションができた」という食事についても語った。

「1Rで倒せてとりあえずホッとしてます。(今の心境は?)ちょっと早過ぎたなっていう印象すかね。作戦的には1R見るっていうのをトレーナーとも話していたんですけど、向かい合った瞬間に“あ、行ける”と思ったので、行こうと思ったらちょうど当たったので、特に言うことはないです。

(今後は)もちろんベルトは欲しいので、ベルトを狙いつつ、僕の憧れている武尊選手がK-1の王者なので、現役中に拳を交えたいと思っているので、そのためにはもっと強くならないといけないと思います。

(以前井上尚弥選手の本を買ったと言っていたが、その後読書は?)あの後は特に読んでないです。最近は食事に関して結構、食事を管理してるので、読書っていうよりインターネットとかで調べている感じです。今回も食事に力を入れていたので、体調メチャメチャよくて最高のコンディションができたので、次からもこうやっていければと思います。

(その中で力になったのは)Krushで活躍していた中澤純選手からお弁当を頂いていて、それを提供してもらって食べていて、それが一番力になったんじゃないですかね」

 

選手登録