2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 西京佑馬はスーパーファイトで篠原悠人と激突。K-1甲子園とKrushで王者となった同士の対戦は、互いに一歩も譲らずテクニックの応酬に。フルラウンドを戦い切り、判定は30-29(篠原)、30-29(西京)、30-29(西京)と2-1のスプリットで西京が辛勝を収めた。

 西京は試合内容について20点と低い評価を口にするも、「ライト級に上げて一戦目で、二連敗をストップできたことにとりあえずホッとしてる」と振り返った。

 さらに篠原のテクニックに苦戦を強いられたものの、「蹴りから崩していくっていうのはできたかと思う」とコメント。中継の解説である魔裟斗氏から「もう少し元気よく試合してほしい」という言葉があったことについては、「それも課題」と謙虚に受け止めていた。

「昨日は試合内容的には、自分の中では20点くらいと思ったんですけど、ライト級に上げて一戦目で、連敗を3でストップできたことにとりあえずホッとしてます。

(試合の感想は?)もともと手数出して、どんどん積極的にいく予定だったんですけど、篠原選手が巧くて、自分から前に出たらカウンターもうまく合わせてきてたんで、なかなかうまく攻撃出せなかったですけど。蹴りから崩していくっていうのはできたかなと思ってます。

(今後の目標は?)とりあえず段階を踏んでいって、ベルトに近づけたらなと思います。(自分の中でよかったテクニックは?)左のフックのタイミングをずっと練習していて。昨日は体調もバッチリで、相手の攻撃も見えたんで、左フックがうまく入ったんでそれがポイントになったかなと思っています。

(解説の魔裟斗さんがもう少し元気よく試合してほしいと話していたが?)まあまあ、でも、もともと積極的にいく予定だったんですけど……。それも課題ですね」

 

選手登録