2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第13試合でプライチュンポン・ソー.シーソムポンからダウンを奪って勝利した野杁正明。しかしクリンチも駆使したプライチュンポンの老獪なテクニックに苦戦し、またもKO勝利を逃した。

 一夜明け会見でも「また倒せなかった」と4戦連続の判定勝利に自虐的な笑みを浮かべた野杁だが「お客さんが引くようなKO劇を見せる」ことが理想なのは変わらず、ウェルター級のベルトがほしいという目標も変わっていないことを改めて表明した。

「(試合を振り返って)また倒せなかったっていう、それぐらいですかね。(一夜明けての心境は?)モヤモヤした感じしか残ってないですね。ああいう戦い方をしてくる選手ということも分かってましたし、そういう選手を倒せなかった僕の実力不足が第一なんですけど、もっと勝負しにきてくれる外国人選手と勝負したいなって思ってますね、今は。

(今後の目標は?)昨日の試合内容ではアレですけど、ずっと言ってますけどウェルター級のベルトしか狙ってないんで、ウェルター級のベルトが今はほしいです。(K-1ファイターとしての理想像とは?)お客さんたちも武尊くんみたいな試合内容を望んでると思いますし、選手でやってる以上はああいう試合を見せなきゃいけないと思っています。ああいう試合が一番盛り上がると思うんですけど……僕はああいう盛り上げ方はできないと思うんで、僕は僕なりの、お客さんが引くようなKO劇を見せるってずっと言ってるんで、それが理想像ですね。

(コロナの影響で難しいマッチメイクが続く中で、どう自分の気持ちを高めてる?)モチベーションが下がることはもともとないんで。外国人選手が来れなくて対戦相手が変わったりとかはありますけど、どんな対戦相手だろうと、仕事ですし、僕の趣味の一つなんで、格闘技は。ただ単に自分の仕事をやり遂げるだけなので、モチベーションが下がるということはないですね」

 

選手登録