2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 ゴンナパー・ウィラサクレックはK-1ライト級王者となっての第1戦でミャンマーラウェイ王者の南雲大輝と対戦。1Rは南雲のパンチに苦戦したが、2RにストレートでKO勝ちを果たした。

 会見に臨んだゴンナパーは「あまりいい試合ではなかった」と反省しつつ、「毎試合いい試合をして、全試合でKOを目指して戦っていきたい」とチャンピオンとしての今後を語った。

「昨日は勝利することができて嬉しく思っている。(今の心境は)特に特別な思いはないが、とてもいい気分だ。試合映像を見たんだけど…、あまりいい試合ではなかった(苦笑)。
(チャンピオンとして今後は)毎試合いい試合をして全試合でKOを目指して戦っていきたい。(試合を振り返って)1Rが全然ダメだったと思う。動きも遅かったし、非常に硬かったと自分でも感じている。2Rからは動きもよくなって技も出せるようになってきたけど、蹴りとパンチが自分のタイミングで戦えていなかったという印象だ。

(そうなったのは)1Rは相手の出方を見てしまった部分があったと思う。南雲選手もいい選手だと感じましたが、経験は少ないのかなと感じた」

 

選手登録