2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 武尊はK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチでレオナ・ペタスを迎撃。1R終盤に左フックでダウンを奪うと、2Rに右ストレート・右フックで立て続けにダウンを奪い、KO勝利で2度目の王座防衛に成功。見事な勝利で大会を締めくくった。

 歴史に残るKO劇を見せた武尊は、「昨日は自分の中の楽しみを優先して戦い、それがつながったのかなと思う」と勝因を分析。そして「最高の相手と最高の舞台で最高の試合ができた。真剣で斬り合ってるみたいな緊張感で、幸せを感じられる恐怖」と、独特の表現でコメント。さらに、この結果を受けて、対戦の機運が高まった那須川天心に話が及ぶと「真剣を持ってる選手、いい試合になると思う」と語った。

「本当、試合的にはレオナ選手は今K-1で戦う中で最高の相手だと思ってたんで、強さも本当にわかってたし。もちろん、勝つつもりではいたんですけど、打ち合ったらどっちが倒れるかわからない相手だなって思っていました。作戦ではパンチの打ち合いは避けようと思っていて、レオナ選手は内側からのストレートを打ってくる選手なので。僕、打ち合いになるとフックが多くなるんで、相性的はあんまりよくないなっていうのもありました。あと、一年ぶりの試合というのもあったんで、ちょっと感覚見ながらやろうと思ってたんですけど。向かい合って試合始めたときに、この人と打ち合いたいなって思える選手で。勝利を優先しないといけないんですけど、昨日は自分の中の楽しみを優先して戦ったんで、それが逆につながったのかなと思います。

(一夜明けて心境は?)ホッとしたって感じですかね。うれしさよりも。タイトルマッチっていうのもあるし、僕からすると失うものしかない試合だったんで。あとはみなさんが期待してる試合も、勝たなかったらやる資格もないし。僕は一回でも負けたら引退するって決めてるんで。その試合を実現できずに現役を辞めないといけない試合でもあったんで。自分の中で賭けじゃないですけど、ここで負けたらそこまでだな、と。もちろん強いのはわかってるんですけど、この選手と全力で打ち合って、ここで勝ったらもっと上にいけるというか、もっと戦い続ける資格のあるファイターなんだろうなっていう。自分の中で自分を試したじゃないですけど。そんな試合でしたね。

(今後の目標は?)明確に何っていうよりも、昨日の大会でもすごいたくさんのかたが感動したって言ってくれたり、パワーもらったって言ってくれて。僕がやりたいことって、自分が格闘技を観てすごいパワーをもらって、いまの人生があると思うので、逆に発信する立場になりたいし。いまも受け取ってくれてる人はたくさんいるんですけど、もっともっと格闘技っていうのをほかのメジャースポーツに負けないくらいのメジャーなスポーツにしたいし。文化のようにしていきたいので。そのためにもっともっと広げていきたいなっていうのが、大きな目標でもあって。そのためには、やりたい試合っていうのがやっぱりあるんで、それに向けて、また全力で毎日過ごそうかなと思ってます。

(あらためて試合前の日々を振り返ると?)2回延期になったのもあったり、追い込み期間も長かったんで。約半年くらい、追い込みしてたんじゃないかっていうくらいの期間だったし。そのあいだもずっと、試合へのプレッシャーは24時間ずっと感じてたし、大晦日のことがあったりとか。どんどんどんどん、いろんなものが重なって、いままでで一番いろんなものを背負ってリングに上がったかなっていうふうに自分でも思っていて。試合がきつい、練習がきついとかじゃなく、メンタル的なきつさで。こんなきついことやりたくないっていう。

 格闘技は好きだし、試合も好きなんですけど、気持ちの部分でこんなの耐えれないって思った時期もあったり。でも、いろんな人に言葉をかけてもらって、ファンの人の期待だったり、そういうのが支えになってたんですけど。それでもラスト2~3週間くらいは不眠症でしたね。寝てても、朝まで記憶ありました。

(そういう状況でも打ち合ったのは?)そこが救いじゃないですけど、たぶん一本ネジが外れてるんだと思うんですけど。まともな神経だったら安牌(あんぱい)に戦っちゃうかなと思うんですけど、AB型なんで二重人格なんですよ、たぶん。リングに上がるといろんなことを捨てて、もうひとりの人格で戦えるんで。いろんなもの背負って戦ってるんですけど、最後は自分が楽しむことを優先しようってやってきたので。楽しめたから、あの試合ができたんじゃないかなと思います。

(天心戦で世界に格闘技のパワーを見せたい?)そうですね。もちろん試合なんで、絶対に負けたくないし。この数年、ずっと言われてきて。武尊のほうが強い、天心選手のほうが強いっていう論争みたいなものがずっとあって。自分より強いと言われてる人がいるのは格闘家として悔しいし許せないし。それはずっとあったんで、やっぱ勝って、立ち技最強はK-1だというのを証明したいっていうのもあるし。なんですけど、やっぱり格闘技という一つの大きなジャンルとして、勝ち負けは決まるんですけど、格闘技のパワーっていうのはこんなに大きいっていうのを、たくさんの人に知ってもらえる機会でもあると思うので、そういううれしさもあります。

(天心選手55kgに落としてやろうとしているが、体重については?)それもちょっと、昨日の試合に勝たないと、やる権利がないと思ってたんで。この試合が終わるまでは、何もまだ話も進んでないし。勝って、そこから関係者の方たちと話し合って決めていくことだと思うので。これからっていう感じですけど、お互い納得いく体重でできたらいいなと思っています。

(レオナ選手にはどのような気持ち?)戦ってても本当に強かったし。試合で言ったら、10年前にアマチュアでお互いに10代のときに2回戦ってて、そのときは1勝1敗で。ずっと階級が違ったり、戦う舞台が違ったりしてたんですけど、心の中で1回負けてる相手っていうのもあったんで。ライバルっていう感じではなかったですけど、ずっと意識してる相手ではあったんで。それにレオナ選手はK-1の60kgの中で選手を倒して、一番トップまで上り詰めてきてくれての挑戦だったんで。最高の相手と最高の舞台で最高の試合ができたなっていう。試合が終わって少し話したんですけど、なんか清々しいというか。試合前からもそうですけど、恨みとか一切なしに全力でぶつかり合えた相手なんで、すごいリスペクトしてるし、いい相手だったなと思いますね。

(天心選手とそのあとやりとりは?)いや、会ってですね。あそこだけですね。(笑顔も見せていたが、今回は特別な感情だった?)そうですね。本当、戦ってて楽しい相手っていうのが特別で。いままでも何人かいたんですけど、その中でも今回はすごい特別な気持ちで戦えたのかなっていうのはあるし。仲いい友達ができるときって、最初のフィーリングでわかると思うんですけど、それを戦いの中で感じ取れるっていうか。プライベートではどうかわからないですけど、リング上では『仲良くなれるな、いっぱい殴り合いたいな』っていう相手でしたね。

(それはリングに上がらないとわからない?)そうですね。戦って呼応してくれる相手というか。僕と打ち合ってくれる人って、いないっちゃいないんで。レオナ選手もたぶん作戦があったと思うし、僕ももともと打ち合う作戦じゃなかったし。お互い、それこそフィーリングが合致した感じだったんで、ああいう打ち合いになったんじゃないかなと思いますね。

(昨日は寝れましたか?)寝たのは朝方で、アドレナリンで寝れなかったですけど、いつもは試合のあと寝れないんですよ。昨日はたぶん、一週間くらいの睡眠不足があったのかわからないですけど、ひさしぶりに記憶がなく寝ましたね。今日も会見、ちょっと遅刻するんじゃないかと思いました(苦笑)。目覚ましが聞こえなくて、危なかったです。

(去年の大晦日に、天心選手に「武尊選手はどんな存在?」と聞いたら、「悟空とベジータ、ナルトとサスケ」って言ってたが、武尊選手にとっては?)ナルトがちょっとわかんないんですけど(苦笑)。悟空とベジータだったら、僕が悟空でいいんですかね?(向こうも悟空のつもりらしいが?)僕も悟空が好きなんで(笑)。そんな感じじゃないですかね。

(いままでもレオナ選手のような選手はいた?)殴り合いたいと思った選手はいたんですけど、もちろんみんな強いんですけど、実力がいい意味で拮抗してて、ファイトスタイルも噛み合ってという選手はなかなかいなかったのかなっていう。あと、真剣で斬り合ってるみたいな緊張感を感じ取れて。幸せを感じられる恐怖というか。表現は難しいですけど、この恐怖をもっと感じたいと思って、作戦を無視して打ち合いにいったので。幸せは恐怖でした(笑)。

(その物差しではレオナ選手が一番?)そうですね、向こうの殺傷能力っていうのも。この人のパンチだったらもらっても大丈夫だなって思う人と、けっこう打ち合ってたのもあったんで。いつもはそのペースで『どんくらいなんだろ?』っていうのを感じつつ、いけるって思って打ち合ってたんですけど、昨日はそう思う前に打ち合いにいったので。それは初めてかもしれないです。

(天心選手にはそれを超える、“リング上のいい友達”になってほしい?)まあ、わかんないですね、リングに上がるまでは。(感じない可能性も?)その可能性もありますよね。でも、真剣を持ってる選手だと思うので。いい試合になるんじゃないですかね」

 

選手登録