2021.03.29

 3月28日(日)都内にて、「Krush.123」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合に出場した國枝悠太は、Krushフェザー級ワンマッチで林京平と対戦。試合開始から積極的に攻め込み、最後は林に左フックを打ち込んで、見事に1R1分47秒でKO勝利を飾った。

 今回がKrush2戦目となった國枝だったが、今回は「勝つというより楽しむ」ということを意識して試合に臨んだ。その意識が1RKOとKrush初勝利という好結果につながった。

 対戦相手の林は昨年開催されたKrushフェザー級王座決定トーナメントにも出場している選手。その林に勝った國枝は、「次はトーナメントに出てた他の選手と試合をしたいです」と、Krushフェザー級のタイトル戦線への浮上も見据えているようだった。

「押忍! 國枝悠太です。昨日は楽しんで勝てて良かったと思います。(昨日の勝因は?)試合前からずっと、勝つというより楽しむということを意識して試合に臨んで、その結果、倒して勝てたので、それが勝因かなと思います。(自分の狙い通りに試合は進められた?)自分の狙いというよりは、ジムのみんなやセコンドの作戦通りにいった感じです。(今後の目標は?)Krushのフェザーのトーナメントに出てた選手に勝ったんで、次はトーナメントに出てた他の選手と試合をしたいです」

 

選手登録