2021.03.29

 3月28日(日)都内にて、「Krush.123」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第2試合ではKrush女子フライ級の試合が組まれ、Krush初参戦のRANがイランからやって来たフェアゼ・ウィラサクレックと対戦。持ち前のパワーと技術で3-0の判定勝利をもぎ取った。

「すぐ終わらせるっていう自分のモットーを達成できなかったのが、まだちょっとモヤモヤしています」とKO勝利できなかったことを反省したRAN。「未熟なので、もっと強くなりたいと思っています」と、Krush初参戦・初勝利という結果にも満足していない様子だった。

 RANがK-1 JAPAN GROUP参戦を決めたのは、K-1女子の先駆者であるKANAの存在が大きい。「KANA選手はKO率が高くて、凄いなと思っているんで、倒して、自分がバーンと上に上がれたらいいなと思っています」と、今から目標も高い。

「K-1の女子って言ったら、RANって言われるような選手になりたいと思っています」と、憧れのKANAに取って代わって、自身がK-1女子のアイコンになることも目論んでいる。「成人式までにベルトを獲って、肩にかけたいっていう目標がある」と、弱冠18歳ながらその野望は大きい。

「押忍! MONKEY☆MAGIC KICKBOXING STUDIOのRANです。昨日は全然納得のできない試合でした。課題がいっぱいあったんですけど、課題が見つかる分、まだ伸びしろがあるかなと思っているんで、もっとがんばりたいと思ってます。(Krush初参戦から一夜明けてどんな気分?)会長と話をして、まだまだだって感じです。未熟なので、もっと強くなりたいと思っています。

(試合をしてみてどういったところに課題を感じた?)すぐ終わらせるっていう自分のモットーを達成できなかったのが、まだちょっとモヤモヤしています。(今後はK-1 JAPAN GROUPの中でどのような活躍をしていきたい?)K-1って言ったら、RANって言われるよな、K-1の女子って言ったら、RANって言われるような選手になりたいと思っています。

(KANA選手が憧れということだが?)KANA選手はKO率が高くて、凄いなと思っているんで、倒して、自分がバーンと上に上がれたらいいなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分は18歳でまだまだなんですけど、成人式までにベルトを獲って、肩にかけたいっていう目標があるので、皆様の応援をお願いします。押忍!」

 

選手登録