2021.03.29

 3月28日(日)都内にて、「Krush.123」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第3試合では竜樹がSEIYAとKrushライト級ワンマッチで対戦。1Rに先手を取られながらも、すぐさま巻き返しを図り、3Rを戦い抜いて2-0で判定勝利を飾った。弱冠21歳の竜樹は福岡県福岡市出身。昨年は地元で開催された11.3K-1福岡大会でK-1初出場も果たしている新鋭だ。2カ月前に上京してから初めての試合だったが、無事に勝利を収めることができた。

「どんな戦い方でも勝てる練習をしてたんで、それが勝因だと思っています」と勝因を語った竜樹だが、「練習してたことがそんなに出せなくて、あんまり納得のいく内容じゃなかったなと反省しています」と、内容には満足していない様子だ。

 竜樹が目指しているのは、ジムの先輩である現K-1ライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレックが返上したKrushライト級のベルトだ。「トーナメントをやるのかわからないですけど、もしやるならそこに出場するのが今の目標です」と、タイトル戦線に名を連ねられる位置にまで自分に磨きをかける。

 同じ階級の現役K-1王者がいるジムは、「一緒に練習して凄い刺激になりますし、いい環境だなと思っています」と、成長するには絶好の環境だ。「自分は上京して2カ月、もっと成長していくと思うんで、これからに期待してください」と、さらなる飛躍を誓っていた。

「ウィラサクレック三ノ輪の竜樹です。とりあえず東京に上京して一発目の試合で、なんとか勝てて良かったです。(一夜明けての心境は?)試合してみて、練習してたことがそんなに出せなくて、あんまり納得のいく内容じゃなかったなと反省しています。(納得がいかない内容の中で、勝てた要因は?)本当はもっと蹴って行きたかったんですけど、パンチもキックもいろいろな技を練習してたんで。まあ、昨日はその作戦をパンチに変えて、どんな戦い方でも勝てる練習をしてたんで、それが勝因だと思っています。

(今後の目標は?)とりあえず目標はウチのジムのゴンナパーさんがKrushのライト級のベルトを返上したと思うんですけど、トーナメントをやるのかわからないですけど、もしやるならそこに出場するのが今の目標です。(ゴンナパーの存在は刺激になっている?)そうですね。なんか、望んでもできることではないと思うんで、一緒に練習して凄い刺激になりますし、いい環境だなと思っています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分は上京して2カ月、もっと成長していくと思うんで、これからに期待してください。よろしくお願いします」

 

選手登録