2021.03.29

 3月28日(日)都内にて、「Krush.123」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第5試合のKrushスーパー・フェザー級スーパーファイトで山本直樹と対戦した大岩龍矢は、1Rから積極的に攻め立て、3R3分ジャストで見事なKO勝利。昨年は1年間、勝ち星がなかったが、この結果で続いていた連敗もストップ。復活の狼煙を上げることに成功した。

 会見に出席した大岩は、「KOで勝つことができて、インパクト残せる試合ができたのかなって思ってるんで、自分としては100%の試合ができて良かったと思います」と自画自賛のコメント。

 昨年は格闘技人生で初めての連敗を喫していたことから、「気持ちが毎日毎日苦しくて、試合前も不安で負け癖じゃないですけど、ナーバスになることもずっとあった」と、精神的にも追い詰められた部分もあった。しかし、「ずっと最後まで諦めずにやり抜くというのをテーマに、スパーリングでもラスト1秒まで気を抜かずに打ち合うということをやってきた」と、練習が実を結んでのKO勝利だった。

「K-1も合わせても、自分の試合が一番じゃないですか?」と、K-1 FIGHT WEEKの中でもインパクトを残せたという手応えもある。今後は、「ベルトを獲るのはずっと言っていることなんですけど、やっぱり記憶に残る試合。それはやっぱりKO勝ちしかないし、会場が盛り上がる試合をこれからもドンドンしていこうと思う」と、さらにKOの山を築いていくことを宣言していた。

「昨日はホッとしちゃって、急に花粉症の鼻水が止まんなくて、やばいっす。昨日から……まあいいや、この話は。本当に結果的にKOで勝つことができて、インパクト残せる試合ができたのかなって思ってるんで、自分としては100%の試合ができて良かったと思います。

(KOした朝はどんな気分?)最高ですね。まあ、KOもそうですけど、初めての連敗をしてから気持ちが毎日毎日苦しくて、試合前も不安で負け癖じゃないですけど、ナーバスになることもずっとあったし。でも、こうやって勝って、嬉しさよりもホッとした感じですね。今はなんか『生き残れたかな』っていう感じでめちゃくちゃホッとしてるし、だから鼻水が止まんないです。

(自分で100%の試合ができた要因はなんだと思う?)100%というのは試合内容もそうですけど、試合内容というよりかはKrush、K-1らしい戦いができたかなっていう。KOして勝つっていうことで100%になるんですけど、練習もずっと最後まで諦めずにやり抜くというのをテーマに、スパーリングでもラスト1秒まで気を抜かずに打ち合うということをやってきたんで、それがあのリングで出たなという感じがして良かったなと思います。(満足のいくインパクトを残せた手応えはある?)K-1も合わせても、自分の試合が一番じゃないですか? と、思っています。

(今後の目標は?)ベルトを獲るのはずっと言っていることなんですけど、やっぱり記憶に残る試合。そういう試合をドンドン見せていきたいなと思っているんで。それはやっぱりKO勝ちしかないし、会場が盛り上がる試合をこれからもドンドンしていこうと思うんで、応援をよろしくお願いします。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)いつもたくさんの応援ありがとうございます。本当に皆さんの応援がなかったら、何回か心が折れてることがたくさんあるんですけど、こういう形で最後まで諦めずに戦うことができて感謝してます。これからもK-1は大岩龍矢がおるぞとアピールしていくんで、これからも大岩龍矢に注目と応援をよろしくお願いします」

 

選手登録