2021.03.29

 3月28日(日)都内にて、「Krush.123」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 メインイベントで吉岡ビギンとKrushバンタム級タイトルマッチを戦った壬生狼一輝。王者の吉岡が減量に失敗して1.3kgオーバー、グローブハンデと減点2でスタートした試合だったが、見事に競り勝って判定による勝利を収めた。

 K-1 JAPAN GROUP参戦して4戦目となる壬生狼はこれで負け無しの4連勝。プロデビューしてから10戦無敗の戦績で、Krush王者となった。プロレスラーの大仁田厚さんのモノマネキャラでも注目を集めている壬生狼は、この日も革ジャンを羽織って、大仁田スタイルで記者会見に登場。ファンからは「グローブハンデがなかったら」、「減点がなかったら」など、SNSを通して批判的なコメントも届いたようだが、「1.3kgオーバーは普通じゃありえんぞ! そして、リカバリーしたら階級が全然違うわ!」とバッサリと切って捨てた。

 だが、「もっと相応しいチャンピオン目指してがんばらないけんと思うたわ。これからはワシだけにしかできん、唯一無二のチャンピオンになろうと思うちょる」と、チャンピオンとしてさらなる高みを目指すことも約束した。

 昨日の試合後には、まだ創設されていないK-1バンタム級王座にも言及したが、会見でも「ワシが昨日勝ったご褒美にK-1バンタム級王座決定トーナメントを開いてくれ」と再度要求するなど、Krushチャンピオンではまだ満足しきれていない様子だ。

 最後に「これから壬生狼伝説、もっともっと作っていくけえ、お前らよう見とけ!」と吠え立てた壬生狼。K-1 JAPAN GROUPでは唯一無二のキャラクターを浸透させつつある新王者は、唯一無二の王者を目指し、伝説への一歩を踏み出し始めた。

「どうも皆さん、こんにちは! やる気! 元気! 一輝ーッ! どうも、壬生狼一輝です。オイ! オイ! まず、昨日の試合でグローブハンデがなかったらとか、減点がなかったらとかって言う奴がいるがのう、1.3kgオーバーは普通じゃありえんぞ! そして、リカバリーしたら階級が全然違うわ! お前らはわかってないようじゃから、ここで伝えといちゃる! 

(ベルトを獲って、どんな夜を過ごした?)オイ! 昨日はファンからのコメントが無茶苦茶殺到して、夜も寝れんかったわ! 有名人は最高やのう!(反響を見て、チャンピオンになった実感は湧いてきた?)そうじゃのう。やっぱり、ファンからのコメントとか見てたら、もっと相応しいチャンピオン目指してがんばらないけんと思うたわ。(試合に勝てた要因は?)しっかりセコンドの声を聞いて、作戦通りやれたことじゃ。(ちなみにキャラクターの反響は?)好評じゃ!!!!

(今後はどういうチャンピオンを目指していく?)これからはワシだけにしかできん、唯一無二のチャンピオンになろうと思うちょる。(K-1のバンタム級王座も希望していたが?)そうじゃのう。K-1さん、ワシが昨日勝ったご褒美にK-1バンタム級王座決定トーナメントを開いてくれ。ワシは強い、強いタイ人と試合がしたいんじゃーッ! (ファンの皆さんへのメッセージは?)オイ! オイ! オイ! これから壬生狼伝説、もっともっと作っていくけえ、お前らよう見とけ!」

 

選手登録