2021.03.25

 3月28日(日)日本武道館「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」で行われる[K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]王者・武尊vs挑戦者レオナ・ペタス。この一戦を第2代K-1スーパー・バンタム級王者で、現在はプロボクシングで活躍中の武居由樹に語ってもらった。

「武尊選手とレオナ選手のタイトルマッチはここ最近で一番楽しみな試合です。武尊選手の距離で戦ったら武尊選手ですし、レオナ選手が遠い距離で戦ったらレオナ選手ですけど、そういう遠い距離を詰めるのが武尊選手は上手いですからね。僕は武尊選手が勝つと思います。

 武尊選手は背負ってるものが大きいし、武尊選手はそういう時こそ強い。レオナ選手も最近の試合を見ると本当に強い選手になってきて、レオナ選手にもチャンスはあると思うんですけど、最終的には武尊選手が有利かなと。

(レオナの距離を武尊が潰す?)そうですね。距離の取り合い・パンチの打ち合いにもなると思って、近い距離の打ち合いだったら武尊選手かなと。レオナ選手としては遠い距離にいて、武尊選手の攻撃をもらわずに自分の攻撃を当てていけばチャンスが出てくると思います。

(どれだけ自分の戦いをできるかが勝敗の鍵になる?)そうなると思います。でも、僕はやっぱり背負ってるものだったり、こういう時に強いのが武尊選手なので、武尊選手が勝つと思います」

 

選手登録