2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 会見に出席した中村拓己K-1プロデューサーは「会場の東京ガーデンシアターは新しい会場で、K-1が格闘技として初のイベント開催でした。今までの会場にはない見せ方ができたのではないかと思います。生中継していただいたABEMAさんからも想定以上の数字だったと報告もあり、2週連続開催の初日として2日目つながる大会だったと思います」と大会全体を総括。試合内容については以下のように語った。

「今回もプレリミナリーファイト4試合中3試合がKO決着になり、K-1らしい試合が続きました。休憩前で印象に残ったのはサッタリ・ウィラサクレック選手。やはりあの迫力あるKO勝利はインパクトがありました。

 K-1初参戦の篠塚辰樹選手は小澤海斗選手に苦戦しながらも勝利して底力を見せたな、と。第10試合は卜部功也選手のテクニックも光りましたし、最後まで逆転を目指して戦い続けた蓮實光選手も存在感を見せたと思います。

 村越優汰選手と芦澤竜誠選手の試合は村越選手が宣言通りにテクニックで芦澤選手を翻弄して勝利しました。やはりあのテクニックはさすがだなと思います。敗れた芦澤選手ですが、彼にしかできない試合があるし、人の目を惹きつけるものを持った選手だと改めて感じました。まだ復帰して2戦、ここからどんな試合を組んでいくかを考えていきたい」

 メインイベントのフェザー級タイトルマッチ(江川優生vs椿原龍矢)については「タイトルマッチという状況かつ江川選手を相手に、よく椿原選手は延長まで集中力を切らさずに戦い抜いたと思います」と中村P。

 新王者の椿原には「これから椿原選手にはチャンピオンとしての試合や振る舞いが求められるようになる。お客さんや見ている人たちとも勝負してほしい。椿原選手には椿原選手のキャラクターがあるので、それを活かしてもらいながら、どんなチャンピオンに育っていくのかを楽しみにしています」と言葉をかけた。

 また王座陥落となった江川に対しては「これまでのキャリアを振り返ると江川選手は負けがターニングポイントになって、その次の試合でものすごく強くなった姿を見せてきた選手。必ずまた這い上がってくると思いますし、タイトルは失ってしまいましたが、ここからの江川選手にも注目・期待していきたい」と語った。

 

選手登録