2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 イランからK-1初参戦となるサッタリ・ウィラサクレックはクルーザー級王座への再挑戦と連敗脱出を目指す加藤久輝と対戦。強烈な右フックでダウンを奪うと、最後は右ミドルキックがヒザ蹴り気味に加藤を捉えてKO勝利。クルーザー級らしい一撃で加藤を沈めた。

 一夜明け会見で「持ち味のパワーとスピードを出して戦うという気持ちは誰が相手でも変わらない。これからクルーザー級を日本で人気のある階級にしたいい」と語ったサッタリ。「自分はベルトのことを意識している。早ければすぐにでもタイトルに挑戦したい」とK-1王座奪取を掲げた。

サッタリ・ウィラサクレック
「昨日はとてもいい試合だったと思う。相手の加藤選手は経験豊富で強い選手だったが、いいパフォーマンスを見せて勝つことができた。これから日々強くなっていきたいと思う。

(K-1初参戦について)K-1という舞台でああいう勝ち方ができてうれしく思う。さらに自信をつけたし、今後クルーザー級を日本で人気のある階級にしたい。クルーザー級に求められていることも分かっているので、クルーザー級らしいパワーや精神力も見せていきたい。

(フルパワーで戦うことは意識している?)もちろん相手によって戦略を変えるけど、自分の持ち味であるパワーとスピードを出して戦うという気持ちは変わらない。(武道館でもクルーザー級の試合が決まっているが)気にはしているけど、自分はベルトを獲るために日本に来たので、ベルトのことを意識している。早ければ次の試合でもタイトルに挑戦したい。(まだ自分には伸びしろがある?)自分はすべてにおいて学んでいる最中で、自分に満足してはいけない。自分が成長するために常にハングリーに学ばなければいけない。

(同じイランのシナ・カリミアンについて)リングに上がれば相手が誰であっても全力で戦う。どこの国の選手が相手でも戦って勝つだけだ。(ファンのみなさんへのメッセージは?)このリングで闘う機会を与えてくれたK-1、サポートしてくれたみなさん。応援してくれたみなさん、ありがとうございます。見ている人に楽しんでもらえるエキサイトな試合ができるように、ベストな試合を続けたい」

 

選手登録