2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第1試合に登場した神保克哉は-75kg契約のスーパーファイトでジュリオ・セザール・モリと対戦。1Rから両者は一進一退の打ち合いを展開。2Rには足を止めての打ち合いとなり、3R終盤に神保が右ストレート・右ハイをヒットし、判定3-0で勝利。タフな乱打戦を制した。

 今回、75kgでの試合にパワー不足を感じたという神保は「KOできなかったのがかなり悔しい」と試合を振り返った。しかし、自分に適した新階級の創設を目指すことをあらためて宣言すると、「とりあえずバンバン試合したいんで、すぐにオファー待ってます」と血気盛んな姿勢を見せた。

神保克哉
「本当は昨日は豪快に倒して『来週の武道館もよろしく!』とかデカいこと言いたかったんですけど、相手も思った以上にタフで、ちょっと自分の中で反省してます。(今回、75kgで試合に臨んだ感想は?)やってみて思ったんですけど、ちょっとパワーが足りなかったかなって思ってますね。

(KOできなかったのは悔しい?)そうですね、かなり悔しくて。裏で対戦相手の選手に会ったんですけど、けっこう平気な顔をしてたんで、ちょっとアセりましたね。(今後、体重を含めての目標は?)自分は70kg以上~80kg以下で試合できるんで、その中で階級を見つけて。新階級を作りたいのはいまでも思ってるんで。とりあえずバンバン試合して、新階級作りたいと思ってます。(ファンにメッセージを)すぐにオファー待ってます。応援よろしくお願いします」

 

選手登録