2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第2試合で東本央貴との再戦に臨んだ瓦田脩二。プロ初黒星をつけられた東本ととのリマッチは、瓦田が飛びヒザ蹴りで東本の左目の上をザックリと切り裂き、戦闘不能に追い込んでドクターストップでTKO勝ち。2年半前の判定負けを喫した東本にリベンジを果たした。

 会心の勝利を飾った瓦田は、最後のヒザ蹴りについて「アッパーボディが二回入ったときにアゴが下がったのが見えて、その瞬間に跳んだら当たった」。今後については以前から口にしているようにKrushのベルトに目標を定め「K-1のトップのゴンナパー選手、卜部功也選手、朝久選手に挑戦できるようなレベルにいきたい」と、その展望を語った。

瓦田脩二
「昨日は応援ありがとうございました。今回、K'FESTAで注目されるカードが多い中、こうやって自分を選んでくれたんで、KOして恩返ししたいなと思っていました。KOで勝つことができてよかったなと思っています。

(ヒザ蹴りは狙っていた?)そうですね。4つパターンを決めていて、その中の一つがヒザ蹴りで。アッパーボディを練習してたんですけど、アッパーボディが二回入ったときにアゴが下がったのが見えたんで、その瞬間に跳んだら当たったという感じです。

(以前負けた相手にリベンジできたことについては?)試合前にもお話したんですけど、リベンジマッチで判定勝ちするのは自分の中でもスッキリしないと思ったんで、KOで終われてよかったなと思ってます。

(以前、Krushのタイトルを目標にしてると発言していたが、現在の思いは?)5連勝して、Krushのベルトに挑戦できるかなと思っていて。Krushのベルトを獲ったあとに、K-1のトップでやってるゴンナパー選手とか、卜部功也選手とか、朝久選手に、挑戦できるようなレベルに自分がいければなって思ってます。(ファンにメッセージを)昨日は応援ありがとうございました。もっともっと成長して、KOもっと見せられるようにがんばりますので、これからもぜひ応援よろしくお願いします」

 

選手登録