2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 第3試合で森坂陸とK-1フェザー級スーパーファイトを戦った軍司泰斗は、2Rに飛びヒザ蹴りを当ててダウンを奪取。KOこそできなかったものの、判定勝利を飾った。これでフェザー級転向後2連勝となった軍司は、「ガツガツ行こうかなっていうのはずっと言ってたんですけど、昨日はあまり攻められないで終わってしまった」と反省の弁。しかし「しっかりダウンを獲って勝てたのは良かったかなと思います」と、勝利できたことに対してはホッとした様子だった。

 自身の一つ前の試合では同じK-1ジム総本部所属の瓦田脩二が飛びヒザ蹴りでTKO勝利。この試合を見ていたことがヒントとなり、「自分も飛びヒザを入れてみようかなと思ったら入りました」と、勝利の決め手となるダウンを森坂から奪った。「何発かいいのが当たって、結構ペースを乱されたっていうのはあったんで、そこをしっかり直していこうかなというのは今後の課題ですね」と反省も忘れない軍司だが、K-1のフェザー級王座奪取も見据えている。

 昨日のメインイベントでは江川優生vs椿原龍矢がフェザー級のタイトルマッチを戦い、椿原が新王者となった。軍司は椿原とプロ・アマ通じて4度の対戦経験があり、2勝2敗とイーブンの戦績を残している。「どっちが勝ってもおかしくないっていう試合だった」と語った軍司は「自分が椿原選手とできるところまでドンドン勝っていって、タイトルマッチをやりたいなというのはありますね」と、K-1フェザー級王座に照準。「しっかりパワーをつけて、これからもKO狙っていくんで応援よろしくお願いします」と、KOの山を築き、タイトル戦線への浮上を狙う。

軍司泰斗
「試合前からずっとガツガツ行こうかなっていうのはずっと言ってたんですけど、昨日はあんまり攻められないで終わっちゃったので、そこは反省です。でも、しっかりダウンを取って勝てたのは良かったかなと思います。

(飛びヒザが当たっていたが、狙っていた?)狙っていたというより、自分はボディで削って、ローで削ってってやっていこうかなと思っていたんですけど、なかなか取れなくて。で、一個前の試合で(瓦田)脩二くんがヒザでTKO勝ちしてたんで、そこもしっかり見てたんで、そこで自分も飛びヒザを入れてみようかなと思ったら入りました。

(かなり落ち着いていたが余裕を持って戦えた?)そうですね。余裕もあったんですけど、何発かいいのが当たって、結構ペースを乱されたっていうのはあったんで、そこをしっかり直していこうかなというのは今後の課題ですね。(昨日のフェザー級のタイトルマッチの結果については?)じっくりは見れてはないんですけど、どっちが勝ってもおかしくないっていう試合だったんで、そこで自分が椿原選手とできるところまでドンドン勝っていって、タイトルマッチをやりたいなというのはありますね。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)これからもっと一回一回しっかりパワーをつけて、KOという形を目指しているんで、これからもKO狙っていくんで応援よろしくお願いします」

 

選手登録