2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 第5試合に出場し、K-1クルーザー級スーパーファイトでRUIに判定勝利を収めた谷川聖哉は、これがK-1 JAPAN GROUPに参戦して初勝利。「しっかりRUI選手からダウン獲って勝てたので、最低限の課題はクリアできたかなと思います」と、一夜明けての感想を述べた。試合中に肉離れを起こしてしまい、空手仕込みの得意の蹴りを思うように出せなかった。しかし、「今回ボクシングのスパーリングの数を増やしてパンチへの対処がかなりできてきたかなと思うので、そこが勝因かなと思います」と試合前のボクシングの特訓が功を奏したようだ。

 会見の冒頭では、自ら「疾風の空手家改めK-1の横綱、谷川聖哉です」と挨拶した。試合の解説をしていた関根勤さんから「貴乃花に似てますね」と言われたことで、自ら「K-1の横綱」を名乗ったそうだが、谷川本人曰く、元横綱の貴乃花に似ていると昔から言われ続け、昨日の勝利でSNSにも「貴乃花に似ている」というDMがたくさん送られてきたという。本人はこのイメージに乗る気満々で「まだ横綱っていうレベルではなく、小結ぐらいかもしれないですけど、しっかりベルトを獲って、K-1の横綱って言ってもらえるような選手になりたいと思います」と決意を語った。

 横綱になるためにも、目指すはK-1のチャンピオンだが、Krushクルーザー級のタイトル戦線にいるRUIを倒したことで、その道筋も見えてきた。「元々、僕は誰にも負けるとは最初から思ってなかったし、練習通りに試合をこなせるようになってきたので、そこをもっと出せればK-Jee選手にも負けるとは思っていませんし、当初シナ選手と組まれてた試合も勝つつもりでいました」と豪語した谷川。「Krushのベルトも空位だと思うので、まずそこを狙っていきたいと思います」と、当面はKrushクルーザー級王座に照準を定め、「名実ともにK-1の横綱になれるようにしっかりがんばっていきます」と、力強く誓っていた。

谷川聖哉
「疾風の空手家改めK-1の横綱、谷川聖哉です。まずは昨日、しっかりRUI選手からダウン獲って勝てたので、最低限の課題はクリアできたかなと思います。(横綱というのは?)昔からずっと貴乃花親方に似ていると言われていて。試合中も関根さんが解説席で『貴乃花!』と言ったの聞こえていました(笑)。試合に集中はしてたんですけど、それぐらい聞こえてたというか、昨日今日でSNSで『貴乃花に似ているな』のDMをたくさんいただいたので、今日も意識してみました。(貴乃花に似ているというのはOK?)そうですね。ありがたいことですね。

(戦いにくそうな展開だったが、実際に試合をしていてどうだった?)当初の予定やともっと足を使って、自分の攻撃だけ当てて、相手の攻撃をもらわないという戦い方をしようと思ってたんですけど、ちょっと足を肉離れしてしまって、あまりフットワークを使えなかったんで。ただ、自分が思ったよりパンチが見えてて、打ち合っても大丈夫かなと思ったんですけど、距離が潰れてしまって、しっかりパンチを効かすことはできなかったかなと思います。(どこが勝負のポイントだった?)今回ボクシングのスパーリングの数を増やしたので。いつも言うんですけど、蹴りだったらクルーザー級の誰にも負けないと思っているので、パンチへの対処がかなりできてきたかなと思うので、そこが勝因かなと思います。

(武道館のクルーザー級の2試合についてはどう見ている?)まず愛鷹亮選手とANIMAL☆KOJI選手の試合は、もちろん先輩の亮さんがしっかり勝つと思うんで、K-Jee選手とシナ選手も、多分K-Jee選手が勝つと思っています。(KrushにおいてトップクラスのRUI選手を倒したことで、自分の現在の位置を確認できたと思うが?)ちょっと生意気に聞こえるかもしれないですけど、僕は元々、誰にも負けるとは最初から思ってなかったので、だいぶ練習と試合とのイメージがつながってきたというか、練習通りに試合をこなせるようになってきたので、そこをもっと出せればK-Jee選手にも負けるとは思っていませんし、当初シナ選手と組まれてた試合も勝つつもりでいたので、Krushのベルトも空位だと思うので、まずそこを狙っていきたいと思います。

(前に戦ったサッタリが、昨日強さを見せたが?)やっぱ強いなとは正直に思ったんですけど、いずれまたやらせていただけると思うので、その時が来るまで自分はしっかり強くなって、逆に倒したいと思います。(今後もK-1の横綱・貴乃花のイメージで行くつもり?)まだ横綱っていうレベルではなく、小結ぐらいかもしれないですけど、しっかりベルトを獲って、K-1の横綱と言ってもらえるような選手になりたいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。さっきも言ったんですけど、名実ともにK-1の横綱になれるようにしっかりがんばっていきますので、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録