2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 K-1初出場となった第3代Krush女子アトム級王者の菅原美優は、K-1女子アトム級スーパーファイトで現役女子高校生ファイターのNOZOMIと対戦。現役王者としての力を見せつけ、NOZOMIを寄せ付けずに判定勝利を飾った。

 初めての大舞台の勝利に、「やっぱ憧れの舞台でもあって凄い緊張したので、ホッとしたというか、力が抜けたというか、凄い幸せです」と、喜びの声を発した菅原。試合前は緊張していたものの、「こんな機会はもうないかもしれないと思って、楽しまなきゃ、後悔しないように試合しなきゃって思ってたんで、それが逆に変に気負いすぎないでいい方向に転がったのかなと思います」と、気持ちを切り替えられたことが勝利につながったようだ。

 K-1女子の試合が注目度を増している中、「今まではKANAさんが一人でK-1の女子の道を作ってきたので、その斜め後ろぐらいに並ばせてもらって、一緒にK-1の女子を盛り上げていけたらいいなと思っています」と、Krush王者という立場になって、責任感も強くなった。まだ自身の階級である女子アトム級王座はK-1にはないが、「そこを目指してKANAさんと一緒にベルトを巻きたいです」とさらなるランクアップを誓っていた。

菅原美優
「昨日は凄くいい結果で終われて良かったなって思っています。(一夜明けての心境は?)凄い幸せだなと思って(笑)。やっぱ憧れの舞台でもあって凄い緊張したので、ホッとしたというか、力が抜けたというか、幸せです。(かなり緊張していたということだが、試合直後はどんな心境だった?)シルバーウルフから4選手出てて自分は2番目だったんで、凄い嬉しかったんですけど、先輩方の試合が残っていたので、ニヤニヤを抑えるのに必死でした(笑)。

(初めてのK-1のリングの感想は?)凄いワクワクしてたので、こんな機会はもうないかもしれないと思って、楽しまなきゃ、後悔しないように試合しなきゃって思ってたんで、それが逆に変に気負いすぎないでいい方向に転がったのかなと思います。(武道館の女子の試合は意識している?)意識はします。格闘技ファンとして凄いおもしろそうな試合だなと思ってて、MIO選手と山田選手はいつかやるんじゃないかなと思っていたので、よく見ます。(今後のK-1での目標は?)やっぱり、今まではKANAさんが一人でK-1の女子の道を作ってきたので、その斜め後ろぐらいに並ばせてもらって、一緒にK-1の女子を盛り上げていけたらいいなと思っています。

(KANA選手と盛り上げるためには、K-1にも自分の階級が欲しい?)そうです。押忍!(チャンピオンを狙う?)そうですね。そこを目指してKANAさんと一緒にベルトを巻きたいです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)これからも一生懸命がんばるので応援よろしくお願いします」

 

選手登録